ギターモデル

Epiphone Wilshire P-90(ウィルシャー)

Epiphone Wilshire P-90とは

Wilshire P-90(ウィルシャー)は、Epiphone社が1959〜1970年に製造していたソリッドギターのモデル。

Crestwood CustomCoronetと同時期に登場したモデルで、Epiphone最初期のオリジナル・ソリッドギターでは最も成功を収めたモデル。

製造中止以降もたびたびリイシュー版が販売されており、Wilshire IIやWilshire IIIといった後継モデルも販売されていた。

Epiphone Wilshire P-90の歴史

  • 1959年
    Wilshire P-90は1959年にリリースされたモデルで、プレイアビリティ(演奏性)の点でFender社のストラトキャスターと競合するように設計された。初期モデルのカッタウェイは左右対称でヘッドストックが両側3連になっている。
  • 1963年
    1963年にカッタウェイが左右非対称、ヘッドストックが片側6連、アルニコミニハムバッカー搭載のモデルをリリースする。
  • 1966〜1968年
    1966〜1968年の2年間、12弦ギターのWilshire 12-stringを販売していた。
  • 1970年
    1970年に一度製造中止となる。
  • 1975〜1979年
    1970年代の中頃、Epiphoneは米国内での生産を終了し、長野県松本に生産拠点を移す。1975年からマツモク工業がWilshireを製造し、日本国内限定で流通していた。1979年に製造中止。
  • 1982〜1986
    1982〜1986年にかけて後継モデルとなるWilshire II、Wilshire IIIが日本で製造されていた。Wilshire IIはミニハムバッカー2基搭載、Wilshire IIIはシングルコイルピックアップを3基搭載したモデル。

    Wilshire II

    Epiphone Wilshire II画像:Wilshire II

    Wilshire III

    Epiphone Wilshire III画像:Wilshire III
  • 2006年
    2006年にハムバッカーを2基搭載したWilshire Proをリリース。ヘッドストックはコウモリの羽に似ていることから通称「Batwing(バットウイング)」と呼ばれる。

  • 2009年
    2009年に1966年モデルのリイシュー版、1966 Worn Wilshireをリリース。
  • 2009年

    2009年に1962年モデルのリイシュー版1962 Wilshire Custom Historic USA Reissueを限定100本で生産。

  • 2011年
    2011年に1966年モデルのリイシュー版1966 Worn Wilshireにトレモロアームを搭載した「1966 Worn Wilshire Tremotone」をリリース。

  • 2011年
    2011年にMY CHEMICAL ROMANCEのギタリスト、Frank Iero(フランク・アイイアロ)とのコラボで開発したWilshire Phant-o-maticをリリース。キルスイッチを搭載。カラーバリエーションはアイボリーとグリーン。

  • 2013年
    2013年に限定カラーのWilshire Pro TV Silverを販売。

  • 2020年
    2020年には初期モデルのWilshire P-90が復刻。こちらのリイシュー版ではビキニロゴやピックガードに貼られたEロゴも復刻している。

Epiphone Wilshire P-90の特徴・スペック

  • ヘッドストック
    初期モデルのロゴはメタルプレート仕様の通称ビキニロゴを採用。初期モデルのヘッドシェイプは左右対称の両側3連タイプだが、1963年以降に片側6連タイプのモデルが登場。
  • ボディ
    ボディ材はマホガニーを使用。オリジナルモデルのカッタウェイは左右対称。1963年に登場した片側6連タイプのカッタウェイは左右非対称で、ヘッドストックはコウモリの羽に似ていることから「Batwing(バットウイング)」と呼ばれる。
  • ネック
    ネック材はマホガニー、指板材はローズウッド使用。スケールは24.75インチ
  • ピックアップ
    2ピックアップ仕様
    1959〜1962年モデルはP-90(ソープバータイプ)を2基搭載
    1963〜1970年モデルはミニハムバッカーを2基搭載
    1975〜1979年のマツモク製モデルはハムバッカーを2基搭載
    1982〜1986年製造のWilshire IIはハムバッカーを2基搭載
    1982〜1986年製造のWilshire IIIはシングルコイルピックアップを3基搭載
    2006年リリースのWilshire PROはAlnico Classic 4とClassic Plusの2基のハムバッカーを搭載
    2009年リリースの1966 Wilshire Reissueはハムバッカーを2基搭載
    2009年製造の1962 Wilshire Custom Historic USA ReissueはP-90(ソープバータイプ)を2基搭載
    2011年リリースのWilshire Phant-o-maticはAlnico ClassicとClassic Plusの2基のハムバッカーを搭載
  • ピックガード
    1959-1962年の初期モデルは左右対称のバタフライ・ピックガードにEロゴが貼られている。ヘッドストックが片側3連のタイプピックガードは左右非対称のピックガードを採用。
  • カラー
    Ebony(エボニー)
    Cherry(チェリー)
    White(ホワイト)
    Sunburst(サンバースト)
    Red Fox(レッド・フォックス)
    Iverness Green(インヴァネス・グリーン)
Epiphone-PRO-1
ビキニロゴ(ビキニバッジ) ‐ Epiphone初期のロゴ入りメタルプレートの通称ビキニロゴとは ビキニロゴは、ギターブランド・Epiphone(エピフォン)の初期のヘッドストックに採用されていたロゴの通称。ロゴ入り...

Wilshireの試奏動画

1961年製のヴィンテージ「Wilshire」

1962年モデルのリイシュー「1962 Wilshire Reissue」

1966年モデルのリイシュー「1966 Worn Wilshire」

「Wilshire Pro」

「Wilshire Phant-o-matic」

初期モデルの復刻版「Wilshire P-90」

ABOUT ME
執筆者:モジャー・メイヤー
ギターコンシェルジュ運営者。ギター歴25年。 愛機:Stilblu #036 / #039 /#099、Fender Custom Shop 1956、g'7 special | 好きなバンド:U2、Sigur Ros、THE 1975、Mr.Children、the band apart、くるり、SIAM SHADE、VAN HALEN