ギターモデル

Fender Swinger(フェンダー・スウィンガー)

Fender Swingerとは

Fender Swinger(フェンダー・スウィンガー)は、フェンダーが1969〜1971年に製造していたギターモデル。短期間しか製造されなかった希少なコレクターズアイテム。

ヘッドにモデル名が刻印されておらず、Fenderロゴの後ろに塗装の上からSwingerのシールが貼られていた個体があったことから、この名前が通称となった。別名「Musiclander(ミュージックランダー)」や「Arrow(アロー)」とも呼ばれる。

2019年にFender Japanが日本製モデルとしてSwingerの名前で復活させた。

Swingerが開発された経緯

Swingerが短期間での製造であったのと、独特なボディシェイプをしているのには理由がある。

フェンダー社は、1965年に世界初の5弦ベース・Fender Bass V(フェンダー・ベースV)を販売開始した。ところが、ボディサイズや形状が受け入れられず、かなり数の加工品が在庫として残ってしまった。加えて、1967年以降、22.5インチスケールのネック(MusicmasterDuo-Sonicの初期モデルなどで使われていた)の加工品も大量に余っていたそうだ。

Bass Vのボディと22.5インチスケールのネックの在庫を消化するため、2つを組み合わせて作られたのがSwingerである。

同じような事情で同時期に作られたのが、Fender Custom(フェンダー・カスタム)、別名Maverick(マーヴェリック)と呼ばれるモデル。こちらは、12弦ギターのFender Electric XIIなどの端材を集めて作れたそうだ。

Maverick(Fender Custom)はこちらの記事で詳しく紹介。

Fender USA/Parallel Universe Volume II Maverick Dorado Firemist Gold
Fender Maverick(Fender Custom)Fender Maverick(Fender Custom)とは Fender Maverick(フェンダー・マーヴェリック)は、フェ...

Bass Vは現行のベースモデルよりもボディが長く、面長に見える。Bass Vの長いボディをリシェイプした結果、Swingerの独特な形状が生まれた。

1969年製造のSwinger。

Vanzant(ヴァンザント)が「Broken Arrow」というモデル名でSwinger風のギターを販売している。

Swingerの特徴

■ヘッド
ヘッドは二等辺三角形のような尖った形をしている。MusicmasterやDuo-Sonicのネックの先端部分を丸く加工して、あのような形になった。

■ネック / スケール
ネックはメイプルにローズウッド指板(ラウンドボード)。22.5インチのショートスケール。フレット数は21。

■ピックアップ
フロントにシングル1基搭載の1ピックアップ。ノブは1ボリューム、1トーン。復刻版では2ピックアップ仕様のモデルも販売されている。

■ボディ
Bass Vの加工済みのボディを使用。ピックガードを外すと、リアピックアップのあたりの位置にBass V用のピックアップキャビティがある。

木材は主にアルダーで、アメリカン・バスウッドを使った個体もある。Bass Vのボディを消化した後は、主に安価なポプラ材を使っていた。

■ピックガード
Musicmaster Ⅱのピックガードを使用。ボリュームノブとトーンノブは、ピックガードと切り離した金属製のプレートの上に設置。これもMusicmaster Ⅱと同じ仕様。

■ブリッジ
ブリッジもMusicmaster Ⅱと同じものを使用。鉄板を折り曲げて加工したシンプルな設計。ブリッジサドルは3ウェイ。

復刻版Swinger

オリジナルを忠実に再現した「Fender LIMITED SWINGER」。ヘッドの「Swinger」のロゴはステッカーで任意で貼れるようになっている。デフォルトはオリジナルと同じくヘッドにロゴなしの仕様。

2ピックアップ、22フレット、610mmショートスケールネック仕様の「Fender SWINGER」

Swingerの試奏動画

1969年製造のSwingerの試奏動画。

こちらはKAMINARI GUITARSが完全オールハンドメイドで制作したSwinger’69。本家にはないトレモロアーム付きのモデル。

ABOUT ME
モジャー・メイヤー
ギターコンシェルジュ運営者。ギター歴25年。 愛機:Stilblu #036 / #039,Fender Custom Shop 1956 好きなバンド:U2、Sigur Ros、THE 1975、Mr.Children、the band apart、SIAM SHADE、VAN HALEN