ギターモデル

Mad Cat(マッドキャット) / H.S.Anderson

H.S.ANderson製のギターMad Cat

Mad Cat(マッドキャット)とは

Mad Catは、モリダイラ楽器のブランド・H.S.Andersonのギター。H.S.Andersonは、1973年にESPの創業者である椎野秀聰(しいの ひでさと)氏が立ち上げたブランドで、椎野氏がギターのデザイン・設計を行っていた。Mad Catは同ブランドを代表する人気モデルで、PrinceがHOHNERブランド製のMad Catが使用(後述)したこともあり、世界的にも知られている。

Mad Catはモリダイラ楽器と共同で製造販売していたギターモデルだが、通常のラインではなく、手作業中心のカスタムビルド方式で製造していたそうだ。当時のモリダイラの腕のいい木工職人と塗装職人の2人に、入社2年目の青年がアシスタントにつき、3人体制で製造していた。

参考:
椎野 秀聰 (著) 『僕らが作ったギターの名器』
HS-1/Mad Cat – モリダイラ楽器

H.S.Andersonの由来や他のギターモデルは別記事で詳しく解説

H.S.Anderson(エイチ・エス・アンダーソン)H.S.Andersonとは? H.S.Andersonは、ESPの創業者である椎野秀聰(しいの ひでさと)氏が1973年に立ち上げた...

Mad Catの生産の歴史

  • 1970年代
    Mad Catは1970年代に生産されていたが、H.S.Andersonが1980年代にブランドをたたみ生産終了となっていた。

    こちらはMad Cat発売当時の広告。

  • 1980年代
    H.S.Andersonブランドの所有社であるモリダイラ楽器は、ドイツの楽器メーカー・HOHNER(ホーナー)社のアメリカ支社から依頼を受け、Mad CatをHOHNERブラントとして生産。HOHNERブランドを冠したMad Catは海外向けに発売され、その一本がPrinceの目に留まり、1984年公開の映画『Purple Rain(パープル・レイン)』のプロモーションビデオで使用された。

    HOHNERから発売されていたMad Catは、「HOHNER The Prinz」というモデル名であった。これは、Princeを意識して付けられたと思われる。

    Mad Catは、アメリカのピックアップブランド・Bill Lawrence(ビル・ローレンス)ブランドでも発売。Bill Lawrenceは1990年前半にブランドが消滅しており、現在、同ブランドのMad Catは生産されていない。

  • 2000年代
    モリダイラ楽器は、2009年にMad Catを少量で復刻生産。2011年にはモリダイラ楽器45周年記念として再復刻。現在(2020年)も少量ながら生産されている。

Mad Catの特徴

Mad Catは、テレキャスターを模したモデルである。一般的なTLタイプにはないセンターラインが特徴。復刻版のピックアップはBill Lawrence T-I/T-IIを搭載。
H.S.ANderson製のギターMad Cat
画像:H.S.Anderson MAD CAT

バックにもセンターラインが入っている。

虎べっ甲のピックガードもMad Catのデザインの特徴。よく見ると、ブリッジプレートも虎べっ甲柄になっている。
H.S.ANderson製のギターMad Catのピックガード
H.S.ANderson製のギターMad Catのネック

復刻版のヘッド。オリジナルのヘッドデザインと少し異なる。オリジナルは猫のイラストが後ろに描かれていた。この猫のイラストは、H.S.Andersonの創業者である椎野秀聰のヤマハ時代からの友人である山田敦郎氏(現・グラムコ株式会社の代表取締役会長)がデザインしたもの。音に狂って荒ぶる魂“を「恋猫」のキャラクターで表現しているそうだ。

画像:H.S.Anderson MAD CAT

希少なホワイトカラー仕様のMad Cat

PrinceとMad Cat

Prince(プリンス)は生前、Mad Catを愛用していた。オリジナルのH.S.Anderson製のMad Catではなく、HOHNER製のMad Catを所有していたそうだ。3本所有していたという話もある。

Prince初主演映画『Purple Rain』のプロモーションビデオでは、PrinceがMad Catを弾いている姿が映っている。

試奏動画

リイシュー版の試奏動画:MadCat HS-1

ABOUT ME
執筆者:稲垣 健太(ケンタトニック)
ギター辞典コード辞典ボイトレ・音楽用語辞典の運営者。

音楽関係の仕事の経験、ギター製作の経験、音楽教室に通った実体験をもとに、音楽に役立つ情報を発信。

■音楽歴
中学2年生の時にギターを始める
大学で軽音楽部に所属し、ボーカル、ギター、ベース、ドラムを演奏
2023年4月にギタークラフトの専門学校・ESPギタークラフトアカデミー大阪校(GCA)に入学
ギター製作やリペアの専門技術・専門知識を習得中

■音楽関連の仕事歴
[2006〜2009年]
大手CD・レコード販売店でロック、ジャズの仕入・販売を担当。
[2011年〜]
フリーランスのWebライター・Webディレクターとして開業。
大手音楽教室からの委託でボイトレサイトの運営、ボイトレ記事の執筆・編集に携わる。

■音楽教室の通い歴
[1995〜2000年まで]
某大手ギター教室に通う
[1997〜2002年まで]
某大手ドラム教室に通う
[2021年〜現在]
某大手音楽教室のボイトレ・話し方コースに通い中
ESPギタークラフトアカデミーにて月3回プロギタリストによる演奏授業を受講

■愛機
Stilblu #036 / #039 /#099
g'7 special(g7-TLT Type 2S)
Nashguitars S-57
Tom Anderson(Drop Top Classic -Deep Tobacco Fade)
TMG Gatton Thinline
Fender Custom Shop 1956 Stratocaster NOS
Gibson USA Exclusive Model / Les Paul Standard 60s Honey Lemon Burst

所有ギター一覧

■製作したギター
ギタークラフトアカデミー第1作目:
ポリゴンライン
ギタークラフトアカデミー第2作目(製作中):
Stand -Alone


■好きなバンド
U2、Sigur Ros、THE 1975、Mr.Children、the band apart、くるり、SIAM SHADE、VAN HALEN

■ブログ ギタークラフト製作日記