ギターモデル

Martin Backpacker(バックパッカー)

Martin Backpacker(バックパッカー)とは

Backpacker(バックパッカー)は、世界的なアコースティックギターメーカーであるMartin(マーティン)から発売されているトラベル用アコースティックギター。独特なコンパクトサイズのシェイプは、その名の通りギターを背負って旅をする人のために作られている。





バックパッカーは1992年に、端材(ギターを作る際に出る余りの木材)を有効活用するという目的から始まり、旅先へと持っていけるというコンセプトで作られたトラベルギター。発売当時にはデザイン賞も受賞したというその独特な形状は、現在においても他に類を見ないオンリーワンなシェイプとなっている。

スリムなボディでありながらもサウンドホールがあり、マーティンらしいサウンドを意外と大きな音量で奏でることができる。

バックパッカーのスペック

  • トップ材:シトカスプルース単板
  • サイド・バック材:トーンウッド単板
  • ネック材:セレクト・ハードウッド
  • 指板・ブリッジ材:リッチライト
  • スケール:24インチ(約610mm)
  • ナット幅:1 15/16″(約49mm)
  • フレット数:15
  • 全長:910mm
  • ボディ厚み:50mm
  • 重量:約1.2kg

宇宙に旅立ったギター

バックカッカーは、1994年にNASAの宇宙飛行士ピエール・トゥオットによって、宇宙でも演奏されたギターとしても知られている。この時のバックパッカーは、宇宙用にカスタマイズされており、フレット数が8までしかない。

宇宙を旅したこのバックパッカーは、ペンシルバニア州にあるマーティン・ギターミュージアムに保管されているという。

25周年モデル

2017年には誕生25周年を記念した特別モデルも発売された。サペリ材(別名:サペリマホガニー)を使用した茶褐色のボディが印象的。ペグやナットもそれに合わせブラックのものが使われている。

ナイロン弦モデル

バックパッカーにはナイロン弦のモデル『CLASSICAL BACKPACKER(クラシカル・バックパッカー)』も存在している。記事執筆時点(2021年1月)では、Martin公式サイトのラインナップには掲載されていない。

トラベルギター
トラベルギターとは - 旅行や出張に持ち運べるコンパクトなギタートラベルギターとは 「トラベルギター」は、その名の通り旅行や出張などに持ち運べるギターのこと。一般的なギターと比べて小さなサイズで軽量...
ABOUT ME
タケ
ギターコンシェルジュ運営者。日々、ギターのお勉強中。