海外ギター

Pignose(ピグノーズ)

Pignoseとは

「Pignose(ピグノーズ)」は、アメリカの楽器メーカー。主に小型アンプやアンプ内蔵ギターを製造している。「Pignose」は「pig(豚)のnose(鼻)」を意味しているが、「ピッグノーズ」ではなく「ピグノーズ」と発音する。その名の通り、各製品のコントロール・ノブが豚の鼻の形をしているのが特徴。

1972年にアメリカのバンド・Chicago(シカゴ)のギタリストだったテリー・キャスが仲間と共に小型アンプを考案し開発に着手。翌年のサマーNAMMで発表したことから始まった。新製品だったにもかかわらず「Legendary Pignose(伝説のピグノーズ)」というキャッチフレーズが付けられていた。

Pignoseアンプ

7-100R

Pignoseを代表する製品が『7-100R』。電池駆動の小型アンプの先駆け的な存在として、長年に渡り愛されている。エリック・クラプトンをはじめ、多くの有名ギタリストが使用していたことでも知られている。

レザー張りとメタルパーツによる高い耐久性を誇り、長く使えるミニアンプ。

コントロールは豚鼻のボリュームノブのみというシンプルなインターフェイスで、初心者にもわかりやすい。ボディは開閉式となっており、閉じると分厚い低音が、開くと高音が際立ち抜けが良くなるという、開き具合で調整する超アナログ式なトーンコントロールも可能となっている。

7-100-R-2

また、ラインアウトが可能で、Pignoseアンプのサウンドを別の大型アンプから出力することもできる。

星条旗柄やヘビ柄、ツイードといったオシャレな特別仕様も販売されている。

Hog20/Hog30

Pignoseからは7-100Rだけでなく、大きめサイズの『Hog20』『Hog30』という機種が発売されている。

シンボルの豚鼻は電源スイッチとなっており、ボリュームは別のノブで操作。また、開閉式ではなく、トーンコントロールにも通常のダイヤルが付いている。もう一つのダイヤルは『SQUEAL(鳴き声)』と書かれており、歪ませることができる。

Hog30

Pignoseギター

Pignoseのもう一つの代表的な製品が、アンプ内蔵のミニギター。コンパクトなサイズに電池駆動のアンプ・スピーカー内蔵で、どこでも気軽に楽しむことができる。

PGG-200

Pignoseギターのスタンダードなモデルが『PGG-200』。以前はアルダーボディにローズウッド指板だったようだが、記事執筆時点での基本仕様はバスウッドのボディにメイプルネック、指板はテックウッド(ポプラ材を重ねた合板材)。オレンジ、ピンクのモデルはメイプル指板だが、生産終了カラーとなっている。

穴の空いたバックプレート部分によって、ギターアンプと同様のオープンバック構造となっており、柔らかくナチュラルなサウンドを作り出している。
PGG-200PK裏

アンプ内蔵なので単体で音が出せるのはもちろん、アウトプット・ジャックから外部アンプへの接続ができ、大音量での演奏も可能。また、ヘッドフォン・ジャックも装備しており、夜間の練習などにも対応している。

  • バスウッドボディ、メイプルネック、テックウッド指板
  • 22フレット、610mmのショートスケール
  • シングルサイズのオリジナルミニハムバッカー搭載
  • ボリュームノブのプッシュ/プルでアンプの電源をON/OFF
  • 9V電池で駆動
  • アウトプット、ヘッドフォンジャック有り
  • 重量は約2.5kg
  • チェリーサンバースト、ブラウンサンバースト、ブラック、メタリックブルー、キャンディーアップルレッドの5色(オレンジ、ピンクは生産終了)

PGG-200FM

フレイムトップの木目にシースルカラー、ブラックのピックガードを組み合わせ、少し違う雰囲気を醸し出す『PGG-200FM』。ボディはフレイムメイプルが貼られたバスウッドで、それ以外の仕様はPGG-200と同じ。

パープル、ブラック、ブルー、レッド、ピンク、グリーン(いずれもシースルー)の6色が発売されている。

PGG-200MH

ボディ、ネックにマホガニーを採用した『PGG-200MH』。ピックアップにはリップスティックピックアップが採用されており、通常のPG-200と比べてパワーは控えめ。

専用弦PGS-800

PGGシリーズの専用弦として『PGS-800』が発売されている。ゲージは009-042の一種類のみ。

ベース PGB-200

ギター同様にアンプ・スピーカーを内蔵したベースモデル『PGB-200』。770mmのショートスケールにカバードハムバッキングピックアップ。その他ボディがバスウッドでメイプルネック、アウトプットやスイッチといった部分はギターと同じ仕様になっている。

カラーはブラウンサンバースト、ブラック、メタリックブルー、キャンディーアップルレッド、チェリーサンバーストの5色。

PGU-200MH

アンプ内蔵のソリッドボディー・ウクレレ『PGU-200MH』。コンサートサイズのボディとネックにはマホガニー、指板はテックウッド。ウクレレ用に調整されたアンプとピエゾピックアップが搭載されている。

Pignose以外のアンプ内蔵ギターもチェック。

pignose-pgg-200fm
アンプ内蔵ギターとは ‐ 種類やメリット、デメリットアンプ内蔵ギターとは 「アンプ内蔵ギター」とは、ボディの中に電池駆動のアンプとスピーカーが内蔵されており、外部のアンプに接続することな...
ABOUT ME
執筆者:タケ
ギターコンシェルジュ運営者。愛機:Stilblu #100、Black Cloud Aging Label #022、Gibson Les Paul Custom日々、ギターのお勉強中。