ギター用語

バナナヘッド – バナナのような形状をしたヘッドストック

バナナヘッドとは

バナナヘッドは、その名の通りバナナのような形状をしたヘッドストックのこと。細かい定義は無いが、片側6連で細く伸び、先端が丸くなっているのがバナナヘッドの特徴。

バナナ

バナナヘッドのギター

KRAMER

「バナナヘッド」のギターと言えば、アメリカのギターブランド『KRAMER』が代表的。1980年代ヘビーメタル/ハードロックの象徴的なモデルである『THE 84 Baretta』は、他のモデルと比べて出っ張りが小さく、最も「バナナらしい」バナナヘッドと言える。

KRAMERと言えばエディ・ヴァン・ヘイレンが使用したことで人気が急上昇したメーカーで、エディの『5150』もバナナヘッド。

『Baretta Vintage』や『Baretta Special』は、6弦側がほんの少し尖ったバナナヘッド。

『Night Swan』は、リバースのバナナヘッド。

Gibson エクスプローラー

バナナヘッドと言えば、Gibsonのエクスプローラーも忘れてはならない。

その他

ヘッドストックとは - 弦楽器のペグを配置する頭(ヘッド)の部分ヘッドストックとは ヘッドストックとは、ギターにおけるヘッド(頭)にあたる部分を指す。略して「ヘッド」と呼称されることが多いが、正式名...
ABOUT ME
タケ
ギターコンシェルジュ運営者。日々、ギターのお勉強中。