ギター用語

ブリッジカバー − エレクトリック・ギターのブリッジの上に装着するパーツ

ブリッジカバーとは

ブリッジカバーは、エレクトリック・ギターのブリッジ(ボディ側で弦を固定する部分)の上に装着するパーツ。エレキギターに必ず付属するわけではなく、一部のモデルに付属する。

Fender社のテレキャスター、ストラトキャスター、ジャズベース、プレシジョンベースのブリッジカバーが代表的。それ以外のメーカーやモデルにもブリッジカバーが付属する場合がある。

1950〜70年頃のテレキャスターやストラトキャスターには、デフォルトで付属していた。現行モデルには付属しないが、カスタムショップ製のモデルやリイシューモデルに付属する場合がある。

ブリッジカバーの用途

ブリッジカバーは、主に演奏時に右手を乗せたり(右利き用ギターの場合)、ピックアップやブリッジを保護する役割を持つ。

1950〜70年当時のテレキャスターやストラトキャスターには、クロームメッキされたスチール製のブリッジカバーが工場出荷時に取り付けられていた。しかし、ブリッジカバーがあると、ブリッジミュート(※1)ができず、演奏の邪魔になることから外すプレイヤーが大半だった。

当時、外したブリッジカバーは灰皿として使うプレイヤーも多かったようだ。テレキャスターやストラトキャスターのブリッジカバーは、「アッシュトレイ・ブリッジカバー」と呼ばれているのは、「アッシュトレイ」=「灰皿」として使われていたのが由来であると考えられる。

※1:ブリッジミュート・・・ブリッジ付近に手を当てて弦の振動を抑えながら弾く奏法。パームミュートとも呼ばれる。

ブリッジカバーの歴史

Fender社のブリッジカバーは、テレキャスターが誕生する前に生産していたラップスティール・ギターに装着されていた。後に登場するテレキャスターなどのギターに装着されるブリッジカバーとは形状が異なるが、後続モデルはラップスティール・ギターの影響があったと言われる。

1940年代末にレオ・フェンダーが開発したソリッドボディのエレクトリック・ギターのプロトタイプにもブリッジカバーが装着されていた。写真の中央がプロトタイプのギターで、ブリッジカバーが装着されているのがわかる。

1951年製のNocaster(モデル名が決まる前のテレキャスター)。当初からブリッジカバーが付属していた。多くのプレイヤーはブリッジカバーを外して使っていたが、ヴィンテージのテレキャスターには、ボディにブリッジカバーの装着跡が残っている個体もある。

1950年にリリースされたプレシジョンベースには、裏面にゴム製ミュートが付いたブリッジカバーが標準装備されていた。しかし、当時はミュートを必要としないプレイヤーが大半で、ブリッジカバーは外されることが多かったようだ。

1954年にリリースされたストラトキャスターにもブリッジカバーが付属していた。こちらは1958年製のストラトキャスター。見本市や楽器店での展示の際はは、見栄えを良くするために付けられていたそうだが、取り外して使うプレイヤーが多かった。

レオ・フェンダーがブリッジカバーを採用していた理由は諸説あるが、いずれも定かではない。

  • サドルやネジなどのパーツを隠すための取り付けていた説(見栄えを良くするため)
  • サドルやネジなどのパーツが錆びないように取り付けていた説
  • リアピックアップのシールド効果(ノイズを減らす)のために取り付けていた説
  • 服の袖が弦に当たらないようにするうために取り付けていた説
  • レオ自身はギター弾けないためブリッジミュートの奏法を知らず、ミュートを避けるために取り付けていた説

ベースギターで使用するピックアップフェンスは別記事で詳しく解説。

ピックアップフェンス − ベースのピックアップを保護するパーツピックアップフェンスとは ピックアップフェンスは、ベース・ギターのピックアップを保護するためのパーツ。ピックアップカバーとも呼ばれる。...

ブリッジカバーの種類

テレキャスター用のブリッジカバー(Ashtray Bridge Cover)

ストラトキャスター用のブリッジカバー(Ashtray Bridge Cover)

プレシジョンベース用のブリッジカバー&ピックアップカバー(ピックアップフェンス)セット

ジャズベース用のブリッジカバー(Fロゴ入り)

ブリッジカバーを使うギタリスト / ベーシスト

ブリッジカバーを使うギタリストの代表と言えば、アルバート・コリンズ。しかし、テレキャスターやストラトキャスターにブリッジカバーを装着したまま演奏するプレイヤーはほとんど見かけない。

OKAMOTO’Sのハマ・オカモト氏は、自身のシグネイチャーモデルにブリッジカバーを採用している。

Hama Okamoto Precision Bass

Hama Okamoto Fender Katana Bass

ABOUT ME
執筆者:モジャー
ギターコンシェルジュ運営者。ギター歴25年。 愛機:Stilblu #036 / #039 /#099、Fender Custom Shop 1956、g'7 special | 好きなバンド:U2、Sigur Ros、THE 1975、Mr.Children、the band apart、くるり、SIAM SHADE、VAN HALEN