ギター用語

コンバージョンブッシュとは – ペグを交換する際に用いる変換パーツ

コンバージョンブッシュ

コンバージョンブッシュとは

コンバージョンブッシュは、ペグの交換用パーツ。ロトマチックからクルーソンタイプへの交換の際など、穴のサイズが大きい物から小さい物へと変更する際に使用する。「ブッシュ」は、ペグをヘッドストックにしっかりと固定するためのパーツ。「コンバージョン(conversion)」は「交換」を意味する。

コンバージョンブッシュの選び方

ロトマチックタイプ・ペグの取り付け穴のサイズに比べて、クルーソンタイプは穴のサイズが小さい。ロトマチックタイプからクルーソンタイプのペグへと交換する場合、そのままでは取り付けることができないので、外径はロトマチックタイプの穴に合わせ、内径をクルーソンタイプに合わせたコンバージョンブッシュを用いて取り付ける。

例えばGROVERのペグ「102CK」は、穴のサイズが約9.9mm

GROVER2

これを取り外してGOTOHのクルーソンタイプ「SD91」に交換する場合、付属しているブッシュの外径は約8.8mm

そのままではスカスカなので、外径が約10mmのコンバージョンブッシュを用意する必要がある。また、内径もSD91の軸のサイズである6.3mmに合った物が必要。

MONTREUXの6.35mmサイズのコンバージョンは外径が10mm、内径が6.35mmで上記の条件にはピッタリフィットする。

コンバージョンブッシュの使い方

交換前のペグを全て取り外したら、コンバージョンブッシュを取り付け、新しいペグを装着する。新しいペグに付属しているブッシュは使用しない。

クルーソンタイプからロトマチックタイプへの場合

逆に、穴の小さいクルーソンタイプのペグから、大きなロトマチックタイプへと交換する場合には、穴を広げなければならない。

ABOUT ME
タケ
ギターコンシェルジュ運営者。日々、ギターのお勉強中。