ギター用語

ダフネブルー − 1958年型キャデラックが由来のカラー

ダフネブルーとは

ダフネブルー(Daphne-Blue)は、ギターやベースの塗装に用いられる、水色の名称。Fenderのストラトキャスターが広く知られているが、他のモデルや他のメーカーでも使われている。16進数のカラーコードは『#98c6c3』。

ソニックブルーと比較すると、ダフネブルーの方がやや濃い色味となっている。

こちらがダフネブルー

こちらがソニックブルー。やや白みがかった水色。

1960年から存在するFenderのカスタムカラーチャートにはすでに掲載されていたという、歴史あるカラーの一つ。当時は5%の追加料金でオーダー可能となっていた。
※初めて公式にカラーチャートが発表されたのは1961年7月

1965年のカラーチャートでは注文の少ないカラーが廃止されることとなり、ブルー系ではダフネブルーの代わりにブルーアイス・メタリックが追加された。

下記は1961年のカラーチャート

現在のカラーチャートでは「04」で掲載されている。

1965年製のFender Mustang Daphne Blue。

ダフネブルーの由来

当時のFenderではデュポン社の車用塗料を使用していたことが知られているが、このダフネブルーは1958年型のキャデラックのボディカラーが元になっている。

こちらは1958年当時のキャラデラックのカラーシート。「Daphne Blue」という名称もキャデラックのカラー名だったようだ。

ダフネブルーのギター

Fender MIJ Traditional ’70s Stratocaster
Fender MIJ Traditional '70s Stratocaster

Fender MIJ Traditional ’60s Telecaster

Fender MIJ Traditional '60s Telecaster

ギターやベース以外にも、Fender公式の様々なアイテムでダフネブルーのカラーリングの製品が発売されている。

ウクレレ

カポ
Kyser Fender Classic Color Quick-Change Electric Guitar Capo

シールドケーブル

ピック

ABOUT ME
執筆者:タケ
ギターコンシェルジュ運営者。
愛機:Stilblu #100、Black Cloud Aging Label #022、Gibson Les Paul Custom 
日々、ギターのお勉強中。