ギター用語

ドロップトップ – エルボーコンターに合わせトップ材を曲げる加工

ドロップトップ

ドロップトップとは

ドロップトップは、ボディのトップ材をエルボーコンターの形状に合わせて曲げた加工のこと。トップ材を削らずに、美しい杢目とプレイアビリティを両立させることができる。

バック材をエルボーコンターの形状に削ったところに、曲げたトップ材を接着して貼り付ける。

「エルボーコンター」はコンター加工の一種で、右肘が当たる部分を削ることで演奏時の負担を軽減するというもの。

コンター
コンター加工 - ボディの一部を削り弾きやすくする加工のことコンター加工とは・意味 「コンター」「コンター加工」は、ボディの一部を削り弾きやすくする加工のこと。演奏中に体がギターに触れる...

しかし、バック材にトップ材を貼る場合、張り合わせてから削ってしまうと、せっかくのトップ材まで削ってしまうことになる。薄いトップ材の場合だとボディ材まで露出してしまうことにもなる。

トップ材をボディ材に合わせた形状に削って作るとなると、非常に分厚い材が必要となる。美しい杢目を持つフィギュアド・メイプルなどは希少で高価となるため現実的ではない。そこで用いられるのがドロップトップ加工。曲げて貼り付けるドロップトップであれば、用いるトップ材は薄くて済む。ただし、曲げる加工は高い技術と手間が必要となるため、その分のコストはかかる。

ドロップトップのギター

ドロップトップと言えば、「Drop Top」をそのままモデル名にしているTom Andersonが有名。

Schecter

Kiesel Guitars

ABOUT ME
タケ
ギターコンシェルジュ運営者。日々、ギターのお勉強中。