ギター用語

フィンガーウェイツ(finger weights) ‐ 楽器練習用のウェイト

フィンガーウェイツ

フィンガーウェイツとは

フィンガーウェイツ(finger weights)は、楽器練習の際に指に装着するトレーニング器具。指に装着した状態で楽器を演奏するウェイト。

リングには3つの穴があり、そこに1つ10gのウェイトを装着して、10g、20g、30gの3段階に負荷を調整することができる。

フィンガーウェイツの効果

フィンガーウェイツはアメリカで開発された商品。開発者は、とあるギタリストが硬貨を指にテープで巻きつけて練習をし上達したことにヒントを受け開発したという。日本では主にピアノの練習用グッズとして使われているが、開発の経緯からしてもギタリストの練習にも適していると考えられる。

指の力を鍛えるアイテムとしては他にも握るタイプのものが多くあるが、フィンガーウェイツは握る動作ではなく、通常のギターの練習における動作にウェイトによって負荷を加える。ただ筋力を鍛えるだけでなく、柔軟性や細かいコントロール能力を身につけることができるとしている。

また、フィンガーウェイツはアメリカでは関節炎を緩和する医療用具としても用いられており、ギターの練習前のストレッチで腱鞘炎予防にもなるという。ただし、フィンガーウェイツは治療器具ではなく、あくまでもトレーニング器具である。

フィンガーウェイツはギターやピアノといった楽器演奏だけでなく、バスケットやクライミングといった指の力が重要なスポーツや、タイピングを鍛えたいゲーマーのトレーニングにも用いられている。

フィンガーウェイツの開発コンセプト、医療分野での活用事例については以下のページを参照。

フィンガーウェイツ 開発コンセプト

公式サイト(英文)に、リウマチ学と内科の医師による関節炎に対する効果についての解説が掲載されている。こちらも参考に。
Medical Endorsement – FingerWieght

ABOUT ME
執筆者:タケ
ギターコンシェルジュ運営者。愛機:Stilblu #100、Black Cloud Aging Label #022、Gibson Les Paul Custom日々、ギターのお勉強中。