ギター用語

Guitar Licks (ギターリックス) / Lick (リック)とは – 曲中で使う短いフレーズを指す

Guitar Licks (ギターリックス)とは

音楽で使われる「Lick(リック)」は、曲中のワンフレーズやソロや伴奏の一部として使う短いフレーズを指す。主にギターのフレーズを指して使われる言葉。リフとは異なり、特定の楽曲に限定しない短いフレーズをリックと呼ぶ

フレーズのアイデア」という意味合いで使われることも。即興演奏などで使うフレーズのアイデアとしてリックを用いたりする。

複数形で「Licks(リックス)」と書く場合は、「フレーズ集」といった意味で使われる。この場合も特定の楽曲のフレーズではなく、フレーズのアイデア的な意味合いが強い。

他には、マイナー・ペンタトニック・スケールを使ったフレーズ、定番のコード進行をアレンジしたフレーズなど、「定番のフレーズ」や「そのジャンルの音楽でよく使われる常套句」、「十八番」のような意味でも使われる。

Riff(リフ)との違い

人によってリックとリフの解釈が異なるため定義が難しいが、以下のように解釈されることが多い。

  • リフは特定の楽曲で繰り返し使うフレーズ(著作権あり)
  • リックは楽曲を限定しない・曲の一部で使う短いフレーズ(基本的に著作権なし)

「Riff(リフ)」は、特定の楽曲で繰り返し使用されるフレーズで、それ自体で何の曲を演奏しているか判別できるものを指す。

リフはそれ自体が曲の主要な旋律であったり、曲の雰囲気を表したりするもの。対して、リックはそれ単体では曲の主旋律にはならず、ソロの一部のフレーズや伴奏などで使われる。

また、リフは作曲に関わるため、著作権のあるフレーズと言える。たとえば、Deep Purpleの『Smoke on the Water』のイントロ、Nirvanaの『Smells Like Teen Spirit』のイントロのギターなどが代表的なリフとして挙げられる。

一方、リックは楽曲を限定しないフレーズで、それ自体では特定の曲の演奏にはならない。いわば著作権がないフレーズと言える。

リフが作曲を伴う完全な音楽的なフレーズであるのに対し、リックは不完全な音楽的アイデアというニュアンスが強い。ただ、曲の一部で使っているフレーズをリックとして紹介する場合、著作権の判断が難しい。定番フレーズとして使われるリックの場合、どこかで聴いたフレーズだと感じることもあるかもしれない。

100 Indie Rock Riffs for Guitar
リフ(ギターリフ)とは - 特定の楽曲で繰り返し使われる印象的なフレーズリフ(ギターリフ)とは リフ(riff)は、特定の楽曲で繰り返し使われる印象的なフレーズを指す音楽用語。主にロック、ポップス、ジャズな...

Guitar Licksの例

井草聖二氏のギターリックス

ブルース・リックス

ネオソウル・リックス

ジャズ・リックス

カントリー・リックス

ABOUT ME
執筆者:ケンタトニック
ギター辞典コード辞典ボイトレ・音楽用語辞典の運営者。

ギター歴25年。

愛機:Stilblu #036 / #039 /#099、g'7 special(g7-TLT Type 2S)、Nashguitars S-57、Tom Anderson(Drop Top Classic -Deep Tobacco Fade)、Fender Custom Shop 1956

好きなバンド:U2、Sigur Ros、THE 1975、Mr.Children、the band apart、くるり、SIAM SHADE、VAN HALEN