ギター用語

ローラーナット – ベアリング内蔵で弦との摩擦を低減したナット

ローラーナットとは

「ローラーナット(loller nut)」は、ローラー(ベアリング)が内蔵された金属製のナットのこと。弦がベアリング上に乗ることによって摩擦が低減され、チューニングの安定性やサスティーンの向上といった効果が得られる。

ローラーナットのメリット・デメリット

メリット

  • チューニングが安定する
  • サスティーンが伸びる

ローラーナットの摩擦低減による主なメリットは、チューニングの安定性が向上するところ。アーミングやチョーキングを多用するスタイルでも、安定感を高めることができる。

また、接触部分が金属であり、摩擦が低減されていることからサスティーンの向上にも一役買ってくれる。

デメリット

  • 普通のナットに戻すのが難しくなる
  • 金属製ナットによる音の変化

通常のナットからローラーナットに付け替えるためには、設置部分をブリッジ側に削る加工が必要となり、再度通常のナットに戻したいとなった場合に広げた部分を埋めなければならない。

Wilkinson製とLSR製

ローラーナットと言えば、ジェフ・ベックのギターに搭載されていることで有名。ジェフ・ベック本人のストラトにはWilkinson製のローラーナットが搭載されている。

Fenderから発売されているジェフ・ベックのシグネチャーモデルにも当初はWilkinson製のものが使われていたが、現在はLSR製のローラーナットへと変更になっている。

こちらがWilkinson社製のローラーナット。LSR製と比べてハーモニクスが出やすいと言われているが、巻き弦の開放時にビビりが出るとも。

現在のフェンダー・ジェフ・ベック・ストラトキャスターのLSR製ローラーナット。

ABOUT ME
タケ
ギターコンシェルジュ運営者。日々、ギターのお勉強中。