ギター用語

マグナムロック ‐ GOTOH独自の機構を持つロックペグ

マグナムロック1

マグナムロックとは

「マグナムロック」は、日本の楽器パーツメーカーであるGOTOHから発売されているロック式ペグのこと。GOTOHが特許を持つ独自のロックペグ機構で、ペグを回すだけで弦をロックすることができる。

ロトマチックタイプのマグナムロック

クルーソンタイプのマグナムロック

ストリングポストにキャップが被さっており、ペグを回すことでこのキャップが下がりシャフトと挟むことで弦が固定される。弦のテンションを利用してロックするのがマグナムロック独自の機構。

マグナムロックの特徴・メリット

  • 弦交換やチューニングが簡単・安定
  • 他のロック式ペグと比べて軽量
  • 見た目の変化も小さい
  • クルーソンタイプのロック式ペグはマグナムロックだけ

マグナムロックに限らずロック式ペグの共通のメリットとして、弦交換が簡単になることや、ポストに弦を巻き付けないことによるチューニングの安定といった点が挙げられる。弦を巻きつけると、弾いているうちに巻いた部分が撓(たわ)んでピッチが狂うことがあるが、ロック式ならその心配が無い。

マグナムロック独自の特徴としては、シュパーゼル社のロックペグに代表されるような裏側のつまみ(サムホイール)を回してロックする「バックロックタイプ」とは異なり、裏側のつまみが無い。その分重量が軽くなり、他のロック式ペグのような重さによるデメリット無しにロック式のメリットを享受できる。

また、サムホイールがあるとどうしても見た目がゴツゴツしてしまうが、マグナムロックは一見すると通常のペグと変わらず、ルックス面を変えずに使えるというのも大きなメリットとなる。

マグナムロック・トラッド

「マグナムロック・トラッド」は、スパーゼル等の他のロック式ペグと同様に裏側にあるサムホイールを回してロックするタイプ。

ロトマチックタイプのマグナムロック・トラッド

クルーソンタイプのマグナムロック・トラッド

ロック式ペグ
ロック式ペグ(ロッキングチューナー)とは ‐ ストリングポストで弦を固定する方式ロック式ペグとは 「ロック式ペグ」は、弦をストリングポストに固定する方式のペグのこと。弦をストリングポストに巻き付けず、いくつかの方法...
ABOUT ME
執筆者:タケ
ギターコンシェルジュ運営者。愛機:Stilblu #100、Black Cloud Aging Label #022、Gibson Les Paul Custom日々、ギターのお勉強中。