ギター用語

モンスターケーブルとは – 世界中のプロに愛用される高品質シールドケーブル

モンスターケーブルとは

モンスターケーブル(MONSTER CABLE)は、アメリカの音響機器メーカー。同社から発売されているケーブルの商品名でもある。高い音質で知られ、楽器用シールドケーブルは世界中のトッププロに愛用されている。

モンスターケーブルの特徴

モンスターケーブルは、アメリカのサウス・サンフランシスコで創設された。創設者のノエル・リーはミュージシャン、エンジニア、物理学者の顔を持つ人物で、プロのギタリスト達の要望に応える形で高品質な楽器用シールドケーブルを扱い、世界中で使われるようになっていった。

マルチゲージ・ワイヤーネットワーク構造

最大の特徴となっているのが特許も取得している「マルチゲージ・ワイヤーネットワーク構造」。

音が電気信号となってケーブルを流れていく際、高音と低音では伝達速度が異なり、高音域の方が速く走っていく。マルチケージ・ワイヤーネットワーク構造では、低音・高音をそれぞれ異なる長さの芯線を走らせることによって、同じ速度でアンプへと伝えることを可能にしている。上位モデルではさらに低音・中音・高音を分けた「3way・マルチゲージ・ワイヤーネットワーク構造」を採用している。

モンスターケーブルのラインナップ

MONSTER ROCK

モンスターケーブルのラインナップの中でも定番モデルとされているのが「MONSTER ROCK」。密な編み込みによって電波干渉を最小化し、ハムノイズを排除しており、その名の通りロック・ミュージックに最適なシールドケーブル。24Kのゴールドコネクターは、導電性の高さと耐久性の高さが特徴。

ROCKのラインナップは、両端L字が0.2m、両端ストレートが0.9m、1.8m、3.6m、6.4m、ストレート&L字が3.6m、6.4mが発売されている。

MONSTER CLASSIC

モンスターケーブルの始まりとなったケーブルを復刻し、1970年代スタイルを再現したシールドケーブル。マルチゲージ・ワイヤーネットワーク構造ではないが、他のラインナップと比べて安価なモデルとなっており、初心者にも手が出しやすい。

CLASSICは3.6mと6.4mの2種類、いづれも両端ストレートのものが発売されている。

MONSTER ACOUSTIC

アコースティックに特化したケーブル「モンスター・アコースティック」。アコースティックギター用に、周波数や位相の歪がなく、豊かで正確な再生を実現するために設計。3way・マルチゲージ・ワイヤーネットワーク構造が採用されている。

MONSTER BASS

中音域を抑え、張りのある明瞭な低音を押し出したベース用のモンスターケーブル。こちらもマルチゲージ・ワイヤーネットワーク構造が採用されている。

ABOUT ME
タケ
ギターコンシェルジュ運営者。日々、ギターのお勉強中。