ギター用語

ピックホルダー ‐ 予備のピックを装着しておける便利グッズ

ピックホルダーとは

「ピックホルダー」は、予備のピックをギター本体やマイクスタンドに装着しておける便利グッズ。単にピックを入れて持ち運びするだけの「ピックケース」とは違い、ライブ中ピックを落としてしまうトラブルの際に、すぐに予備のピックを手にする用途として使うもの。

ピックホルダーの種類

ボディに付けるタイプ

ギターのボディに直接取り付けるタイプのピックホルダー。自分の好きな場所に取り付けることができるので、演奏時に取りやすい場所や、見た目を優先して目立たない場所に取り付けるといったこともできる。

両面テープで貼るタイプは、一度貼ると場所を変更する際には新たに両面テープが必要となる。また、テープのノリがギターに付着してしまうため、気にする人には向いていない。

アーニーボールが発売している『PICK BUDDY』は吸盤タイプで、何度も場所を変更することができ、複数のギターで付け替えて使うこともできる。ただし、ボディ表面の形状によっては取り付けが難しいことと、ラッカー塗装のボディへの使用は推奨されていない点には注意が必要。

Ernie Ball ピック ホルダー

WISHBONEの『The Pickport Studio』は、挟み込むような形状で、ペグやノブ、ジャック、ピックガードなど様々なパーツに取り付けることができる。汚れや塗装の種類を気にする必要が無い。


ヘッド部分に取り付けるタイプ

ラバー素材のピックホルダーで、ギターのヘッド部分の弦に取り付けるタイプ。ボディに取り付けるタイプとは違い、演奏時に邪魔になることがない。

ストラップタイプ

ギター本体ではなく、ストラップにピックを取り付けるタイプ。ギター本体にはできるだけ余計な物を付けたくないという人には最適。

マイクスタンドに取り付けるタイプ

マイクスタンドに取り付けるタイプのピックホルダー。他のホルダーと比べて多くの枚数を備えておけるので、たくさん落としがちな人や、ピック投げをする人には最適。スタンドから離れた時にピックを落としてしまうと、すぐに取れないのが難点。

ABOUT ME
執筆者:タケ
ギターコンシェルジュ運営者。愛機:Stilblu #100、Black Cloud Aging Label #022、Gibson Les Paul Custom日々、ギターのお勉強中。