ギター用語

スクラッチメンダー − フレット磨きの定番アイテム

スクラッチメンダーとは

「スクラッチメンダー」は、主にギターのフレット磨きに使われる定番アイテム。フレットだけでなく、ペグやブリッジなど金属パーツのサビや汚れを落としピカピカにしてくれる。

スクラッチメンダーはFERNANDESから発売されている商品で、正式名称は「スクラッチメンダー946」。中身は超微粒子の研磨剤で、金属パーツに塗布して磨くことで輝きを取り戻すことができる。

スクラッチメンダー2

スクラッチメンダーの使い方・注意点

使い方はいたって簡単。スクラッチメンダーをフレットに付けて磨き、拭き取るだけ。磨くのは布はもちろんティッシュや綿棒などでも問題ない。

  • 指板に付かないように
  • 黒ずみは研磨された金属
  • ゴールドパーツには使えない

注意点として、指板には付かないように気をつける必要がある。そのためあらかじめ指板にはマスキングテープを貼ったり、フレット磨き用のプレートを使用して研磨剤が指板に触れないようにしておこう。

マスキングテープで保護する例。フレット付近が保護できればいいので、ここまで隙間なく全体に貼る必要はない。

マスキングテープ

フレット磨き用プレートなら繰り返し使うことができ、テープを切ったりする手間も省ける。

フレット磨きプレート

金属パーツを磨くと、拭いた布やティッシュに黒ずみが付着する。これは落とした汚れではなく、金属を研磨したことによって出るものなので、何度磨いても付着する。布が黒くなるからといって「まだ汚れている」と勘違いしてひたすら磨き続けないように気をつけよう。

また、ゴールドパーツに使用してしまうとメッキが剥がれてゴールドでは無くなってしまうので注意。

一緒に使いたいアイテム

スクラッチメンダーと一緒に使いたいのが、同じくFERNANDESから発売されているコーティング材の「サーフェスプロテクター956」。磨いた後の表面に塗布することで、フッ素皮膜によって保護され、磨いた直後のピカピカの状態を長く保つことができる。

マスキングが面倒という人にはフレットバターという選択肢も。

フレットバター
フレットバター − 簡単にフレット磨きができる便利アイテムフレットバターとは 「フレットバター(FRET BUTTER)」は、フレットを磨く際に使用する専用のクロス。他の方法と比べて簡単にフレ...
ABOUT ME
執筆者:タケ
ギターコンシェルジュ運営者。愛機:Stilblu #100、Black Cloud Aging Label #022、Gibson Les Paul Custom日々、ギターのお勉強中。