ギター用語

ソニックブルー − 1956年型キャデラックのボディーカラーが由来の水色

ソニックブルーとは

ソニックブルー(Sonic-Blue)は、ギターやベースの塗装に用いられる、白みがかった薄い水色の名称。Fenderのストラトキャスターが広く知られているが、他のモデルや他のメーカーでも使われている。16進数のカラーコードは『#d9e5e3』。

ダフネブルーと比較すると、ソニックブルーの方がやや白みがかかった水色をしている。

こちらがソニックブルー

こちらがダフネブルー

1960年に登場したFenderのカスタムカラーチャートにはすでに掲載されていたという、歴史あるカラーの一つ。当時は5%の追加料金でオーダー可能となっていた。

※初めて公式にカラーチャートが発表されたのは1961年7月

1961年当時のカラーチャート

現在のカラーチャートでは「72」で掲載されている。

1965年製のソニックブルー・ストラトキャスター

ソニックブルーの由来

当時のFenderではデュポン社の車用塗料を仕様していたことが知られているが、このソニックブルーは1956年型のキャデラックのボディカラーが元になっている。

キャデラック1956画像:Wikipedia

こちらは1956年当時のキャラデラックのカラーシート。「Sonic Blue」という名称もキャデラックのカラー名だったようだ。

ソニックブルーのギター、ベース

Fender Vintera ’50s Stratocaster
Vintera® '50s Stratocaster1

Fender Vintera ’60s Jaguar

Vintera® '60s Jaguar

YAMAHA ビリー・シーン・シグネイチャー Attitude 3

ABOUT ME
執筆者:稲垣 健太(ケンタトニック)
ギター辞典コード辞典ボイトレ・音楽用語辞典の運営者。

音楽関係の仕事の経験、ギター製作の経験、音楽教室に通った実体験をもとに、音楽に役立つ情報を発信。

■音楽歴
中学2年生の時にギターを始める
大学で軽音楽部に所属し、ボーカル、ギター、ベース、ドラムを演奏
2023年4月にギタークラフトの専門学校・ESPギタークラフトアカデミー大阪校(GCA)に入学
ギター製作やリペアの専門技術・専門知識を習得中

■音楽関連の仕事歴
[2006〜2009年]
大手CD・レコード販売店でロック、ジャズの仕入・販売を担当。
[2011年〜]
フリーランスのWebライター・Webディレクターとして開業。
大手音楽教室からの委託でボイトレサイトの運営、ボイトレ記事の執筆・編集に携わる。

■音楽教室の通い歴
[1995〜2000年まで]
某大手ギター教室に通う
[1997〜2002年まで]
某大手ドラム教室に通う
[2021年〜現在]
某大手音楽教室のボイトレ・話し方コースに通い中
ESPギタークラフトアカデミーにて月3回プロギタリストによる演奏授業を受講

■愛機
Stilblu #036 / #039 /#099
g'7 special(g7-TLT Type 2S)
Nashguitars S-57
Tom Anderson(Drop Top Classic -Deep Tobacco Fade)
TMG Gatton Thinline
Fender Custom Shop 1956 Stratocaster NOS
Gibson USA Exclusive Model / Les Paul Standard 60s Honey Lemon Burst

所有ギター一覧

■製作したギター
ギタークラフトアカデミー第1作目:
ポリゴンライン
ギタークラフトアカデミー第2作目(製作中):
Stand -Alone


■好きなバンド
U2、Sigur Ros、THE 1975、Mr.Children、the band apart、くるり、SIAM SHADE、VAN HALEN

■ブログ ギタークラフト製作日記
関連記事