ギター用語

ストリングセイバー – 弦が切れにくい樹脂製のブリッジサドル

graphtech_ps-8001-00b

ストリングセイバーとは

ストリングセイバー(String Saver)は、カナダのパーツメーカーであるGraphTech社から発売されているサドルパーツ。弦が切れにくいことが最大の特徴。

stringsaver

ストリングセイバーの特徴

  • 弦が切れにくい
  • サスティーンの向上
  • 中音域に深みが出る
  • 錆びづらい

弦が切れにくい

一般的な金属のサドルは、弦が一点に固定されていることから、その部分にのみ集中して負荷がかかり、傷や溝ができることで弦が切れる原因となってしまう。

一方ストリングセイバーは、PTFE(Polytetrafluoroethylene)という樹脂素材を用いている。「テフロン」として知られるこの樹脂は摩擦が少なく、弦が振動することでできるテフロンの膜が潤滑剤として働き、弦が一点に固定されず負荷を広範囲に広げてくれる。これによってストリングセイバーは、一般的なサドルに比べて弦が切れにくくなっている。

サスティーンの向上

摩擦の少ないストリングセイバーは、弦の振動を阻害せずサスティーンの向上が期待できる。公式には「25%サスティーンが伸びる」としている。

中音域に深みが出る

こちらも公式では「中音域の深みが増す」としている。サウンドについては人それぞれ好みがあるので、ストリングセイバーへと付け替えた際にサウンドが変化することは、人によってはデメリットと言えるかもしれない。

ストリングセイバーのラインナップ

ストリングセイバーは、フェンダー系のストラト/テレ用をはじめとして、ジャズマスター用、ギブソン系やPRSトレモロ、フロイドローズスタイル、ベース用、アコースティック用など様々なスタイルが発売されている。

ストラト/テレ用 ナローピッチのPS-8000-00

ストラト/テレ用 オフセットタイプのPS-8001-00

ジャズマスター、マスタング、ジャガー用のPS-8108-00

ギブソンABR-1ブリッジ用のPS-8400-00

アコースティックギター用のPS-9000-00

これら以外にも多くのタイプが発売されており、様々なブリッジタイプに対応している。

また、黒いサドルになると見た目の変化が気になるという人には、弦が触れる部分だけにストリングセイバー素材を用いてルックスの変化を最小限に留めた「Classic」タイプも発売されている。

ABOUT ME
タケ
ギターコンシェルジュ運営者。日々、ギターのお勉強中。