ギター用語

ショーモデル ‐ 展示イベントのための特別仕様モデル

ショーモデルとは

ショーモデル(show model)は、楽器展示・販売イベントのために特別に作られたモデルのこと。各メーカーが、普段は製作しないような特別仕様のモデルを少数だけ製作し、展示・販売する。貴重な木材を使用したり、派手で目立つルックスのモデルが多い。

海外の楽器ショー

世界最大規模の楽器ショーとして知られているのが、アメリカで毎年1月に行われている『NAMM Show』。業者向けのイベントで一般の入場はできないが、世界中の楽器メーカーが出展し、華やかなショーモデルも多々見られる。夏に開催される『Summer NAMM』というイベントもある。

過去にNAMM Showで展示されたFenderのショーモデル。マスタービルダーによるワンオフモデルで、通常のラインナップでは見られない、ド派手なデザインのギターが見られる。

国内の楽器ショー

日本国内の大きな楽器ショーとしては、2年に一度東京近郊で行われる『楽器フェア』や、毎年大阪で開催されるギターとウクレレのイベント『サウンドメッセ』。他にも信州の楽器メーカーが集う『信州ギター祭り』などのイベントもある。

メーカー独自のショー

MomoseやBacchusといったブランドを擁する大手メーカーDeviserでは、2019年から自社ブランドの新作やショーモデルを発表する『One Day Guitar Show』を、ディーラー向けに開催している。

ABOUT ME
執筆者:タケ
ギターコンシェルジュ運営者。愛機:Stilblu #100、Black Cloud Aging Label #022、Gibson Les Paul Custom日々、ギターのお勉強中。