ギター用語

テックウッドとは(Tech Wood) ‐ ローズウッドの代わりとして使用される安価な指板材

テックウッドとは

テックウッド(Tech Wood)は、てローズウッドの代わりとして用いられる材。ポプラ等の安価な木材を硬質の接着剤で張り合わせて作られた積層材で、主に低価格帯ギター/ベースの指板材として使われることが多い。

指板材として人気の高いローズウッドだが、世界的に希少な木材となり価格も高騰している。安価なギターにローズウッドが用いにくくなっていく中で、それでもローズウッド指板のようなルックスのギターを作るための工夫の一つとして生まれたのが「テックウッド」。

ポプラは安価なギターのボディ材として使われることも多く、ローズウッドと比較すると柔らかめの木材だが、薄いポプラと硬質の接着剤を何層にも重ねることで、指板としても十分な強度を実現している。また、人工的な材とは異なり、一本ごとに異なる自然の木目が見られる。

加工やメンテナンス

テックウッドは通常の木材と同じく穴を開けたり削ったりといった加工が可能。フレット交換のようなリペアにも対応している。

日頃のメンテナンスについても、通常の木材と同様に定期的にオイルを用いて保湿をするなどのケアが可能となる。しかし、オイルは浸透しづらく、バリも出やすいと言われており、管理には苦労するかもしれない。

テックウッドを使ったギター

Bacchusオールローズ風テックウッドシリーズ

Bacchusの低価格帯モデルUniverseシリーズから、ボディトップ、ボディ、ネック、指板と全体にテックウッドを使用したモデルが発売されている。ストラトタイプの『BST-TW』、テレキャスタイプの『BTE-TW』、ベースの『WJB-TW』は、それぞれモデル名の「TW」が「Tech Wood」を表している。

定価55,000円(税抜)という低価格ながら、まるでオールローズのようなルックスを持つ。

ストラトタイプの『BST-TW』

ベース『WJB-TW』

テレタイプ『BTE-TW』

こちらは、同じディバイザーのブランドmomoseから発売されているオールローズウッド。パッと見の印象ではテックウッドもローズウッドも大差が無いに思える。

BST-TW、BTE-TWの試奏動画

Pignose

アンプ内蔵ギターの人気ブランド『Pignose』は、以前はローズウッド指板だったモデルに現在はテックウッドを採用している。

7-100R
Pignose(ピグノーズ)Pignoseとは 「Pignose(ピグノーズ)」は、アメリカの楽器メーカー。主に小型アンプやアンプ内蔵ギターを製造している。「Pi...

Aria

国産老舗ブランドのAriaでは低価格ブランドの『Legend』や『Blitz』などでテックウッド指板を採用。

ストラトタイプ、テレタイプのコピーで1万円を切る激安ブランド『Legend』の「LST-Z」

レスポールタイプのコピーブランド『Blitz』の「BLP450」

Bacchus-BST-700B
リッチライトとは ‐ エボニー材の代替として使われる人工素材リッチライトとはエボニーの代替材となる指板材 木の繊維と樹脂からなる人口樹脂素材 Gibsonレスポールカスタム等で採用 ...
ABOUT ME
執筆者:タケ
ギターコンシェルジュ運営者。愛機:Stilblu #100、Black Cloud Aging Label #022、Gibson Les Paul Custom日々、ギターのお勉強中。