ギター用語

ToneRite(トーンライト)とは – エージングを自動で行う弾き込み装置

ToneRite(トーンライト)とは

ToneRiteは、ギターなどの弦楽器に振動を与え、エージングを促進する機械。擬似的に演奏時の状態を作り出すことで、長期間弾き込んだ楽器の状態を、短期間で再現するために用いられる。

※エージング(Aging)…経年変化

ToneRiteの特徴

ギターは弾き込むほどに良い音になる、というのはよく言われることで、長期間使い込まれたヴィンテージギターが重宝される理由の一つでもある。しかし、長期間ギターを弾き込むのには当然それだけ時間が必要となる。

そこで登場するのが「ToneRite」。ToneRiteは、電気を使って擬似的に演奏時と同じような振動をギターに与えることができる。つまり、ギターを弾いていない時間も常にギターを弾いているのと同様の状態を作りだすことで、短期間でギターを熟成させられるのである。

長期間の弾き込みによるエージングが本当に効果があるのか、という議論は少なくないが、大手メーカーでも製造過程でエージングを施している場合がある。例えばヤイリギターでは、ギターに大音量で音楽を聞かせてるという工程がある。動画はその様子。

ToneRiteの使い方

使い方はいたって簡単。チューニングをした状態でToneRite本体を弦の間に挟み、電源をオンにするだけ。楽器はスタンドや壁掛けハンガーにかけた状態で使用しても問題ない。

メーカーの検証によると、初期の使用時には72時間から140時間で効果が現れ始めるというデータが出ているという。

使用前と、100時間使用後の比較動画。

またToneRiteは、弦楽器を定期的に演奏することで最適なサウンドを維持することが重要としている。一度エージングをすればそれで永続的にサウンドが良くなるということではなく、弾かない時間が長くなると元の状態に戻っていくので、ライブやレコーディングの前に振動を与えて慣らしてやることが大切なのだという。

公式サイトでは、「1日から数週間でToneRiteで得られたサウンドが徐々に失われる可能性がある」としており、継続的に使用することを推奨している。ライブ前などは1週間前から毎日1〜2時間使用すると十分な効果が期待できるそうだ。

参考:https://www.tonerite.com

ABOUT ME
タケ
ギターコンシェルジュ運営者。日々、ギターのお勉強中。