ギターの基礎・知識

ツインギター − ギタリストが2人いるバンド編成のこと

ツインギター

ツインギターとは

ツインギターは、ギタリストが2人いるバンド編成のこと。2人のギタリストが、それぞれ別のパートを演奏することで、ギタリスト1人では生み出せないような音の厚みやハーモニーを生み出すことができる。

リードギターとリズムギター

ツインギターの編成をとるバンドでは、多くの場合で「リードギター」と「リズムギター」に役割が分担される。常時その役割を担う場合もあれば、曲によってその役割を入れ替えるバンドもある。

リードギターとは

リードギターは、曲の中で印象的なフレーズを演奏したり、ギターソロを演奏したりと、わかりやすく言えば「目立つ方」のギターとなる。バンドの中ではヴォーカルに次いで花形のパートと言えるかもしれない。

リズムギターとは

リズムギターは、文字通り主にリズムを刻むバッキングを担当するパート。コードストロークやパワーコード、アルペジオといった奏法を主体とすることが多く、ドラムやベースとともに楽曲全体を支えるような存在となる。「サイドギター」や「バッキングギター」などと呼ばれる場合も。

実際の例

リードギターとリズムギター、実際のツインギター・バンドを例にしてみると次のようになる。

LUNA SEAの場合

リードギター → SUGIZO
リズムギター → INORAN
LUNA SEAは、派手なサウンドとステージングのリードギターSUGIZOと、落ち着いたプレーでバンドを支えるリズムギターINORANNという、2人の役割がハッキリと分かれた非常にわかりやすい例と言える。

SIAM SHADEの場合

リードギター → DAITA
リズムギター → KAZUMA
SIAM SHADEは、日本人ギタリストでも屈指のテクニックを持つDAITAがリードギターとして文字通りバンドをリードし、ツインボーカルの1人でもあるKAZUMAがボーカルとリズムギターでサウンドに厚みを与えている。

スピッツの場合

リードギター → 三輪テツヤ
リズムギター → 草野マサムネ
スピッツのようなボーカリストがギターを弾き、さらにもう1人ギターがいるタイプのバンドもツインギター編成と言える。多くの場合はギター・ボーカルがリズムギターを担当し、もう1人がリードギター担当となる。

ツインリード

バンドによっては、リードギターとリズムギターの区別があまりなく、2人ともがリードギターのような主張の強いプレイスタイルの「ツインリード」という形態も存在する。ヘヴィメタル系のバンドに多く見られる。

例えばX JAPANの場合、バンドの中でギタリストとして目立つのはHIDEの方ではあったが、どちらがリード/リズムということはあまりなく、ツインリードと言えるような編成となっている。

2人が絶妙なハモリを聞かせてくれる、『紅』のギターソロ。

「ツインギター」は「ツインネック・ギター(ダブルネックギター)」とも混同されがち。

ダブルネックギター
ダブルネック・ギター − 1つのボディに2本のネックが付けられたギターダブルネック・ギターとは ダブルネック・ギターは、文字通りネックが2本あるギターのこと。1つのボディに2本のネックが付いており、「ツイ...
ABOUT ME
執筆者:タケ
ギターコンシェルジュ運営者。愛機:Stilblu #100、Black Cloud Aging Label #022、Gibson Les Paul Custom日々、ギターのお勉強中。