ギター

『Fender 75 Years』創業75周年を迎えたフェンダー社の歴史を紐解く解説書

2021年に創業75周年を迎えたフェンダー社の歴史を紐解く『Fender 75 Years』が発売される(洋書)。海外で2021年9月21日発売予定。同年10月19日にケース入りのデラックス・エディションが500冊限定で発売される。

出版元はMotorbooks。著者はミュージシャンでありジャーナリストでもあるDave Hunter(デイブ・ハンター)氏。今のところ日本語翻訳版の発売は予定されていない。





フェンダー社の創業は1946年。レオ・フェンダー氏がカリフォルニア州フラートンで営んでいたラジオとアンプの小さな修理店が前身とし、1946年に製造開始したラップ・スティールギターからギターメーカーの歴史が始まる。

『Fender 75 Years』は、過去にギターやアンプの解説本を複数出版しているデイブ・ハンター氏が執筆。ストラトキャスター、テレキャスターといったフェンダーを代表するモデルのほか、ムスタング、ジャズマスター、ジャガーといったオフセットギター、さらにコロナド、ブロンコ、マローダー(未発売)といったマイナーなモデルまで解説している。

本著ではフェンダーギターとアーティストの関係も取り上げている。ジミ・ヘンドリックス、デヴィッド・ギルモア、エリック・クラプトン、スティービー・レイ・ヴォーン、バディ・ガイ、カート・コバーン、Jマスシス、ボニー・レイットなど。

フェンダーからは創業75周年記念モデルが発売されている