レビュー

ヘッドホンレビュー「OneOdio Studio Pro 10」、低価格なのに低音が気持ちいい

OneOdio Studio Pro 10 レビュー

OneOdio(ワンオディオ)さんから「OneOdio Studio 10」を提供いただいたので、実際に使った感想をレビューしたいと思います。Amazonの販売価格で3,980円(2022年7月現在)。5,000円以下というお手頃なヘッドホン。

感想を先に書いてしまうと、低価格とは思えないほど低音がしっかり聴こえます。正直に言うと、この価格だと低音は期待できなさそうと思っていたのですが、いやいやなんの。めちゃめちゃ低音が気持ちいいじゃないですか!ベースとバスドラの音圧がしっかり再生されるので、迫力があります。

え、これ実は高価格のヘッドホン?と一瞬疑ってしまいましたが、間違いなく「OneOdio Studio 10」です。原価いくらなの、大丈夫?赤字になってない?って心配するくらい高コスパのヘッドホンですね。

OneOdio Studio Pro 10とは

OneOdioはコスパのいいオーディオ機器を製造・販売しているメーカーです。DJモニターヘッドフォン、Bluetoothヘッドフォン、ノイズキャンセリングヘッドフォンなどを中心に扱っています。

今回レビューする「OneOdio Studio Pro 10」は、オーバーヘッド型のモニターヘッドフォンです。有線ヘッドフォンでBluetoothは非対応。

OneOdio Studio 10 公式販売ページ
OneOdio Studio 10 Amazon販売ページ

パッケージのサイズは「横17cm×縦13.5cm×奥行10cm」。オーバーヘッドヘッドホンにしては非常にコンパクトです。

OneOdio Monitor60」と並べるとこんな感じ。箱を置いておきたい派なので、コンパクトなのは助かります。
ヘッドホンOneOdio Studio Pro 10のパッケージ

「OneOdio Monitor60」のレビューはこちら

ハイレゾ ヘッドフォンOneOdio Monitor60
モニターヘッドフォン「OneOdio Monitor60」レビュー、高コスパで使い勝手がいいOneOdio(ワンオディオ)さんから「OneOdio Monitor60」を提供いただいたので、実際に使った感じをレビューしたいと思い...

OneOdio Studio Pro 10の付属品

■OneOdio Studio 10付属品
ヘッドホン本体
3.5mmマイク付きケーブル
3.5mm-6.35mmカールコード
キャリーポーチ
説明書

OneOdio Studio Pro 10 レビュー

ケーブルは2本付属。「3.5mmプラグのマイク付きケーブル(1.2m)」と「3.5mm-6.35mmプラグのカールコード(2〜3m)」が1本ずつ付属しています。

ヘッドホンの左右に3.5mm用と6.35mm用のジャックがあります。着脱式なので用途に応じて付け替え可能。
OneOdio Studio Pro 10本体ジャック

OneOdio Studio Pro 10のレビュー

実際に「OneOdio Studio Pro 10」を使ってみました。良いところから挙げていきましょう。とにかく低音がめっちゃしっかり出るのに驚きました。低価格のヘッドホンとは思えないくらい、ちゃんと低音が聴こえます。あと、マイク付きケーブルが付属しているのでビデオ通話にも使えるのも嬉しい。試してみたらちゃんと声を拾ってくれた。

良いところ
  • 本体が200gグラムと軽量
  • 折りたたんでコンパクトに収納できる
  • イヤーカップが前後上下全方向180°動くので片耳モニタリングができる
  • 5,000円以下とは思えない高級感のあるデザイン
  • 低音も高音もしっかり出る(特に低音が気持ちいい)
  • 音楽鑑賞用にもギターアンプ用にも使える

続いてイマイチなところ。安い価格帯なので本体の素材は少し硬めで、長時間使うのは少ししんどいかな?という印象です。

イマイチなところ
  • イヤーカップの伸縮が短めで頭にヘッドバンドが当たるのが気になるし
  • イヤーパッドが小さめなので耳たぶまでは収まらない

OneOdio Studio Pro 10で視聴

iPhoneに入れているthe band apartの『ZION TOWN』を「OneOdio Studio Pro 10」で視聴。ボーカル、ギター×2本、ベース、ドラムの各パートの音がしっかり聴こえます。どのパートの音もぼやけたりしないので、耳コピしやすいですね。

ジャンルを変えて、エレクトロニカの楽曲を視聴。ベースの迫力がありますね。低価格ヘッドホンなのでベースの音圧がしょぼくなりそうかな?と思っていましたが、ベースの低音を心地よく再生してくれます。え、ほんとに5,000円以下…?いやあ、すごいですね。

次は少し昔の曲を視聴。おおっ、バスドラが気持ちいい!!やっぱり低音に迫力ありますね、このヘッドホン。タムも気持ちよく聴こえます。

普段、練習で使ってるアンプ、「YAMAHA THR10II」でも試してみました。うん、普通に使える。高音もまあまあ、ちゃんと鳴る。低音も出る。低価格ヘッドホンなので、めっちゃいい音ってわけではないですが、練習で使うには全然いけますね。

ABOUT ME
執筆者:稲垣 健太(ケンタトニック)
ギター辞典コード辞典ボイトレ・音楽用語辞典の運営者。

音楽関係の仕事の経験、ギター製作の経験、音楽教室に通った実体験をもとに、音楽に役立つ情報を発信。

■音楽歴
中学2年生の時にギターを始める
大学で軽音楽部に所属し、ボーカル、ギター、ベース、ドラムを演奏
2023年4月にギタークラフトの専門学校・ESPギタークラフトアカデミー大阪校(GCA)に入学
ギター製作やリペアの専門技術・専門知識を習得中

■音楽関連の仕事歴
[2006〜2009年]
大手CD・レコード販売店でロック、ジャズの仕入・販売を担当。
[2011年〜]
フリーランスのWebライター・Webディレクターとして開業。
大手音楽教室からの委託でボイトレサイトの運営、ボイトレ記事の執筆・編集に携わる。

■音楽教室の通い歴
[1995〜2000年まで]
某大手ギター教室に通う
[1997〜2002年まで]
某大手ドラム教室に通う
[2021年〜現在]
某大手音楽教室のボイトレ・話し方コースに通い中
ESPギタークラフトアカデミーにて月3回プロギタリストによる演奏授業を受講

■愛機
Stilblu #036 / #039 /#099
g'7 special(g7-TLT Type 2S)
Nashguitars S-57
Tom Anderson(Drop Top Classic -Deep Tobacco Fade)
TMG Gatton Thinline
Fender Custom Shop 1956 Stratocaster NOS
Gibson USA Exclusive Model / Les Paul Standard 60s Honey Lemon Burst

所有ギター一覧

■製作したギター
ギタークラフトアカデミー第1作目:
ポリゴンライン
ギタークラフトアカデミー第2作目(製作中):
Stand -Alone


■好きなバンド
U2、Sigur Ros、THE 1975、Mr.Children、the band apart、くるり、SIAM SHADE、VAN HALEN

■ブログ ギタークラフト製作日記
関連記事