ギター用語

アフリカン・マホガニー − ホンジュラス・マホガニーの代替材として最も使われる木材

アフリカン・マホガニーとは

アフリカン・マホガニーは、ギターのボディやネックに使われる木材。その名の通りアフリカに分布する植物で、ホンジュラス・マホガニーとは異なるが、よく似ていることから代替材として広く用いられている。別名「カヤ」。

「リボン杢」と呼ばれる赤褐色の濃淡による縞模様がよく見られる。

ホンジュラス・マホガニーとの違い

マホガニー」と呼ばれる木材は、ギターの世界では様々な種類が存在している。しかし、学術的にマホガニーと呼べる木材となるといくつかの種類に限られる。中でもGibson・レスポール等で伝統的に使われてきたのは、メキシコ南部から中南米で採られるホンジュラス・マホガニー、通称「ホンマホ」。

しかし、このホンジュラス・マホガニーはワシントン条約での伐採禁止によって貴重な存在となったことで、よく似た木材に「マホガニー」の商品名を付け、その代替材として用いられることが多くなった。その中の一つがこの「アフリカン・マホガニー」。

「マホガニー」を比較した画像。左がアフリカン・マホガニー、中央がホンジュラス・マホガニー、右もマホガニーの代替材として使われるサペリ。

ホンジュラス・マホガニーが「センダン科マホガニー属」に属する植物であるのに対し、アフリカン・マホガニーは同じ「センダン科」ではあるが「カヤ属」という別の種類となる。

木材としての特徴は非常に似ているため、サウンド的にも聞き分けるのは難しいと言われている。アフリカン・マホガニーはワシントン条約には掲載されておらず、安定して入手が可能であることから、現在では「マホガニー」とされていた場合はアフリカン・マホガニーであることが多い。

ABOUT ME
執筆者:タケ
ギターコンシェルジュ運営者。日々、ギターのお勉強中。