メジャーコード

Dメジャー・コード (Dコード) の押さえ方24通り・指板図・構成音

Dメジャー・コード (Dコード) の押さえ方24通り・指板図・構成音
ギタコン運営者:稲垣健太
執筆者:稲垣 健太 Kenta Inagaki
(ケンタトニック)
ESPギタークラフトアカデミー大阪校(GCA)2023年入学 ギター歴25年 ドラム歴10年
中学2年の時にギターをはじめ、学生時代は軽音楽部でバンド活動に没頭し、卒業後はCDショップで働きながら多様な音楽に触れる。現在はWebディレクションの仕事をしながら、ESPギタークラフトアカデミーに通いギター製作の専門知識・技術を学んでいる。

Dメジャーコードとは

  • Dメジャーコードは長3度+短3度の積み重ねで構成される、
    長三和音(メジャートライアド)
  • 長3度は半音4つ分の音程、短3度は半音3つ分の音程で、
    DメジャーコードはD F Aの3音で構成される。
  • Dから見て長3度=半音4つ分の音程はF
    Fから見て短3度=半音3つ分の音程はA
    Dから見るとAは完全5度=半音7つ分の音程)
  • Dメジャーコードの構成音
    ルート音
    (R)
    長3度
    (M3)
    完全5度
    (P5)
    DFA

Dコードとは

  • ギターの「Dコード(ディー・コード)」は、Dメジャーコードを指す
    タブ譜や譜面ではDメジャーを略記してDとだけ書かれることが多い
    ※マイナーコードの場合はDmと表記する
  • コードネームはDというようにルート音だけで表記することが多い

Dメジャー・コードのポイント

  • 「3度」の音は明るい響き(メジャー)か暗い響き(マイナー)かを決める重要な要素
    Dメジャー:D(ルート音)・F(長3度)・A(完全5度)
    3度の音=FDから見てメジャー3rd(長3度)なので明るい響きに
    Dマイナー:D(ルート音)・F(短3度)・A(完全5度)
    3度の音=FDから見てマイナー3rd(短3度)なので暗い響きに
  • 音の重ね順は必ずしも構成音の順=DFAの順でなくともよい
    (各構成音は1つのコードで複数回使ってもよい)

    ローコード①の音の並びは低音からDADF
    5弦ルート②の音の並びは低音からDFADF
    というようにそれぞれ音の並びが異なるが、
    いずれもDメジャーコードの構成音が含まれている
    また、構成音が複数回使われているのがわかる

Dマイナーコードは以下の記事で詳しく解説

Dm(Dマイナー)コードの押さえ方・構成音
Dmコード (Dマイナー) の押さえ方20通り・指板図・構成音Dmコード (Dマイナー)とは Dmコードは短3度+長3度の積み重ねで構成される、 短三和音(マイナートライアド)。 長3度は半音...

Dメジャーコードの指板図一覧

ギターコード表の見方

  • ギターのDメジャーコードのローコードの指板図
  • ギターのDメジャーコードの指板図(5弦5フレットをルート音とするハイコード)
  • ギターのDメジャーコードの指板図(5弦5フレットのハイコード)
  • ターのDメジャーコードの指板図(6弦10フレットをルート音とするハイコード
  • ギターのDメジャーコードの指板図(6弦10フレットをルート音とするハイコード
  • ギターのDメジャーコードの指板図(6弦10フレットをルート音とするハイコード)
  • ギターのDメジャーコードの指板図(6弦10フレットをルート音とするハイコード)
  • ギターのDメジャーコードの指板図(4弦12フレットをルート音とするハイコード)
  • ギターのDメジャーコードの指板図(6弦10フレットをルート音とするハイコード)
  • ギターのDメジャーコードの指板図(6弦10フレットをルート音とするハイコード -人差し指でルート音を押さえるパターン)
  • ギターのDメジャーコードの指板図(4弦12フレットをルート音とするハイコード)
  • ギターのDメジャーコードの指板図(4弦12フレットをルート音とするハイコードの省略形)

▶ ギターコード一覧

ギターコード表の見方

覚えやすい簡単な押さえ方(トライアド)

  • ギターのDメジャーコードの指板図(5弦5フレットをルート音とするトライアドのハイコード)
  • ギターのDメジャーコードの指板図(3弦7フレットをルート音とするトライアドのハイコード)
  • ギターのDメジャーコードの指板図(6弦10フレットをルート音とするトライアドのハイコード)
  • ギターのDメジャーコードの指板図(4弦12フレットをルート音とするトライアドのハイコード)

Dメジャーコードのトライアドの転回形

  • トライアド:3音で構成される三和音コード
  • 転回形:ルート音以外が最低音となるコードの押さえ方
  • 基本形:ルート音が最低音となる形
  • 第一転回形第三音を最低音に置いた形
  • 第二転回形第五音を最低音に置いた形

第一転回形

  • ギターのDメジャーコードの指板図(2弦3フレットをルート音とするハイコード・第一転回形)
  • ギターのDメジャーコードの指板図(3弦7フレットをルート音とするハイコード・第一転回形)
  • ギターのDメジャーコードの指板図(1弦10フレットをルート音とするハイコード・第一転回形)
  • ギターのDメジャーコードの指板図(4弦12フレットをルート音とするハイコード・第一転回形)

第二転回形

  • ギターのDメジャーコードの指板図(2弦3フレットをルート音とするハイコード・第二転回形)
  • ギターのDメジャーコードの指板図(5弦5フレットをルート音とするハイコード・第二転回形)
  • ギターのDメジャーコードの指板図(3弦7フレットをルート音とするハイコード・第二転回形)
  • ギターのDメジャーコードの指板図(4弦12フレットをルート音とするハイコード・第二転回形)

Dメジャーのコードトーン表(指板上の構成音の配置)

Dメジャーコードのコードトーン表

※コードトーン:三和音、四和音のコードの構成音
Dメジャースケールではなく、Dメジャーコードの構成音

ローコードの押さえ方

  • ローコード(オープンコード):開放弦を含む押さえ方
  • ハイコード:開放弦を含まない押さえ方

ローコード①

4弦は開放弦(弦を押さえない)
5弦と6弦は親指の腹で軽く触れてミュート

ギターのDメジャーコードのローコードの指板図

ハイコードの押さえ方

6弦ルート①

6弦10フレットをルート音とするハイコード
10フレットの1〜6弦を人指し指でセーハ
(セーハ…1つの指で複数の弦を押さえる)

ギターのDメジャーコードの指板図(6弦10フレットをルート音とするハイコード)

6弦ルート②

6弦ルート①の別の押さえ方
6弦10フレットを親指で押さえる
1、2弦を人差し指でセーハ

ギターのDメジャーコードの指板図(6弦10フレットをルート音とするハイコード - 親指を使った押さえ方)

6弦ルート③

6弦ルート②を省略した押さえ方
セーハしない押さえ方
6弦10フレットを親指で押さえる
1弦は人差し指の腹で軽く触れてミュート

ギターのDメジャーコードの指板図(6弦10フレットをルート音とするハイコード - セーハをしない押さえ方)

6弦ルート④

人差し指でルート音を押さえるパターン
上記、6弦ルート①から1弦10フレットと5弦12フレットの押弦を省略した押さえ方
1弦は人差し指の付け根あたりで軽く触れてミュート
5弦は人差し指の腹あたりで軽く触れてミュート

ギターのDメジャーコードの指板図(6弦10フレットをルート音とするハイコード -人差し指でルート音を押さえるパターン)

中指でルート音を押さえるパターン
1弦は人差し指の腹あたりで軽く触れてミュート
5弦は中指の腹あたりで軽く触れてミュート

ギターのDメジャーコードの指板図(6弦10フレットをルート音とするハイコード - 中指でルート音を押さえるパターン)

親指でルート音を押さえるパターン
親指の付け根あたりで6弦を押弦しつつ、親指の腹で5弦に軽く触れてミュート
1弦は人差し指の腹あたりで軽く触れてミュート

ギターのDメジャーコードの指板図(6弦10フレットをルート音とするハイコード - 親指でルート音を押さえるパターン)

6弦ルート⑤

6弦10フレットをルート音とするハイコード
2、3、4弦は人差し指でセーハ
1弦は人差し指の第二関節あたりで軽く触れてミュート

ギターのDメジャーコードの指板図(6弦10フレットをルート音とするハイコード

6弦ルート⑥

6弦ルート⑤を省略した押さえ方
5弦9フレットの押弦を省略
1弦は人差し指の第二関節あたりで軽く触れてミュート
5弦は小指の腹で軽く触れてミュート

ギターのDメジャーコードの指板図(6弦10フレットをルート音とするハイコード

5弦ルート①

5弦5フレットをルート音とするハイコード
5フレットの1〜5弦を人差し指でセーハ
6弦はセーハしている人差し指の先で軽く触れてミュート

ギターのDメジャーコードの指板図(5弦5フレットのハイコード)

5弦ルート②

5弦5フレットをルート音とするハイコード
6弦は人差し指の先で軽く触れてミュート
中指、薬指、人差し指はCメジャーのローコードの形

ギターのDメジャーコードの指板図(5弦5フレットをルート音とするハイコード)

4弦ルート①

6弦ルート①の押さえ方を省略した押さえ方
1、2弦は人差し指でセーハ
5、6弦は親指の腹で軽く触れてミュート

ギターのDメジャーコードの指板図(4弦12フレットをルート音とするハイコード)

4弦ルート②

ローコード②の1オクターブ上(12音上)の押さえ方
5弦は人差し指の先で軽く触れてミュート
6弦は鳴らないように弾く

ギターのDメジャーコードの指板図(4弦12フレットをルート音とするハイコード)

4弦ルート③

4弦ルート③を省略した押さえ方
2弦は人差し指の第二関節あたりで軽く触れてミュート
5弦は人差し指の先で軽く触れてミュート
6弦は親指の腹、または押弦していない中指で軽く触れてミュート

ギターのDメジャーコードの指板図(4弦12フレットをルート音とするハイコードの省略形)

覚えやすい簡単な押さえ方(トライアド)

シンプルな押さえ方① (6弦ルート)

6弦10フレットをルート音とするハイコード
1〜3弦は人差し指の第一関節から第二関節のあたりで軽く触れてミュート

ギターのDメジャーコードの指板図(6弦10フレットをルート音とするトライアドのハイコード)

シンプルな押さえ方② (5弦ルート)

5弦5フレットをルート音とするハイコード
1、2弦は人差し指の腹あたりで軽く触れてミュート
6弦は親の腹あたりで軽く触れてミュート

ギターのDメジャーコードの指板図(5弦5フレットをルート音とするトライアドのハイコード)

シンプルな押さえ方③ (4弦ルート)

4弦12フレットをルート音とするハイコード
1弦は人差し指の腹で軽く触れてミュート
5、6弦は親指の腹で軽く触れてミュート

ギターのDメジャーコードの指板図(4弦12フレットをルート音とするトライアドのハイコード)

シンプルな押さえ方④ (3弦ルート)

3弦7フレットをルート音とするハイコード
4弦は薬指の先で軽く触れてミュート
5、6弦は親指の腹で軽く触れてミュート

ギターのDメジャーコードの指板図(3弦7フレットをルート音とするトライアドのハイコード)

Dメジャーのトライアドの第一転回形

最低音はFだが、ルート音をDとするDメジャーの転回形コード
Fはルート音のDから見て長3度の音なので第一転回形となる

  • トライアド:3音で構成される三和音コード
  • 転回形:ルート音以外が最低音となるコードの押さえ方
  • 基本形:ルート音が最低音となる形
  • 第一転回形第三音を最低音に置いた形
  • 第二転回形第五音を最低音に置いた形

第一転回形① (4弦ルート)

4弦12フレットをルート音とするハイコード
4、5弦を人差し指でセーハしつつ、
1〜3弦を人差し指の第一関節と第二関節の間あたりで軽く触れてミュート

ギターのDメジャーコードの指板図(4弦12フレットをルート音とするハイコード・第一転回形)

第一転回形② (3弦ルート)

3弦7フレットをルート音とするハイコード
3、4弦を人差し指でセーハしつつ、
1、2弦を人差し指の第一関節と第二関節の間あたりで軽く触れてミュート
6弦は親指の腹で軽く触れてミュート

ギターのDメジャーコードの指板図(3弦7フレットをルート音とするハイコード・第一転回形)

第一転回形③ (2弦ルート)

2弦3フレットをルート音とするハイコード
1弦は人差し指の第二関節あたりで軽く触れてミュート
5、6弦は親指の腹で軽く触れてミュート

ギターのDメジャーコードの指板図(2弦3フレットをルート音とするハイコード・第一転回形)

第一転回形④ (1弦ルート)

1弦10フレットをルート音とするハイコード
1、2弦を人差し指でセーハ
4弦は中指の先で軽く触れてミュート
5、6弦は親指の腹で軽く触れてミュート

ギターのDメジャーコードの指板図(1弦10フレットをルート音とするハイコード・第一転回形)

Dメジャーのトライアドの第二転回形

最低音はAだが、ルート音をDとするDメジャーの転回形コード
Aはルート音のDから見て完全5度の音なので第二転回形となる

第二転回形① (5弦ルート)

5弦5フレットをルート音とするハイコード
1〜3弦は人差し指の第一関節と第二関節の間あたりで軽く触れてミュート

ギターのDメジャーコードの指板図(5弦5フレットをルート音とするハイコード・第二転回形)

第二転回形② (4弦ルート)

4弦12フレットをルート音とするハイコード
1、2弦は人差し指の腹あたりで軽く触れてミュート
6弦は親指の腹あたりで軽く触れてミュート

ギターのDメジャーコードの指板図(4弦12フレットをルート音とするハイコード・第二転回形)

第二転回形③ (3弦ルート)

3弦7フレットをルート音とするハイコード
2〜4弦は中指・薬指・小指で押さえるとコードチェンジしやすい
または人差し指でまとめてセーハして押さえる

ギターのDメジャーコードの指板図(3弦7フレットをルート音とするハイコード・第二転回形)

第二転回形④ (2弦ルート)

2弦3フレットをルート音とするハイコード
4弦は人差し指の先で軽く触れてミュート
5、6弦は親指の腹で軽く触れてミュート

ギターのDメジャーコードの指板図(2弦3フレットをルート音とするハイコード・第二転回形)

▶ ギターコード一覧

ギターコード表の見方

Dメジャーコードの構成音

Dメジャーコードの構成音を五線譜で表記 Dメジャーコードの構成音を鍵盤で表記
度数ルート音長3度完全5度
構成音DFA

度数表記の読み方
R
P1
ルート音
完全1度
M2長2度m2短2度
M3長3度m3短3度
P4完全4度
♯4増4度
P5完全5度
♯5増5度♭5減5度
M6長6度m6短6度
M7長7度m7短7度
♭♭7減7度
P8完全8度
M9長9度
♯9増9度♭9短9度
P11完全11度
♯11増11度
M13長13度♭13短13度

▶ ギターコード一覧

ギターコード表の見方

画像(指板図やスケール表)は当サイトへリンクを張ってもらえれば転載OKです。

ABOUT ME
執筆者:稲垣 健太(ケンタトニック)
ギター辞典コード辞典ボイトレ・音楽用語辞典の運営者。

■音楽歴
中学2年生の時にギターを始める
大学で軽音楽部に所属し、ボーカル、ギター、ベース、ドラムを演奏
2023年4月にギタークラフトの専門学校・ESPギタークラフトアカデミー大阪校(GCA)に入学
ギター製作やリペアの専門技術・専門知識を習得中

■音楽関連の仕事歴
[2006〜2009年]
大手CD・レコード販売店でロック、ジャズの仕入・販売を担当。
[2011年〜]
フリーランスのWebライター・Webディレクターとして開業。
大手音楽教室からの委託でボイトレサイトの運営、ボイトレ記事の執筆・編集に携わる。

■音楽教室の通い歴
[1995〜2000年まで]
某大手ギター教室に通う
[1997〜2002年まで]
某大手ドラム教室に通う
[2021年〜現在]
某大手音楽教室のボイトレ・話し方コースに通い中
ESPギタークラフトアカデミーにて月3回プロギタリストによる演奏授業を受講

■愛機
Stilblu #036 / #039 /#099
g'7 special(g7-TLT Type 2S)
Nashguitars S-57
Tom Anderson(Drop Top Classic -Deep Tobacco Fade)
TMG Gatton Thinline
Fender Custom Shop 1956 Stratocaster NOS
Gibson USA Exclusive Model / Les Paul Standard 60s Honey Lemon Burst

所有ギター一覧

■製作したギター
ギタークラフトアカデミー第1作目:
ポリゴンライン
ギタークラフトアカデミー第2作目(製作中):
Stand -Alone


■好きなバンド
U2、Sigur Ros、THE 1975、Mr.Children、the band apart、くるり、SIAM SHADE、VAN HALEN

■ブログ ギタークラフト製作日記
関連記事