ギター用語

レースウッド − レースの杢目が出た高級木材

レースウッドとは

レースウッドは、ギター/ベースのトップ材やアコースティックギターのサイド/バック材として用いられる木材。その名の通り「レース」のような杢目がある。装飾性の高い高級木材であり、高級家具や高級車の内装などにも用いられている。希少な材であることから、使用しているギターはあまり多くは見られない。

レースウッドの特徴

  • 美しいレースの杢目

美しいレースの杢目

レースウッドの最大の特徴はなんといってもそのレースのような杢目。ヨーロッパ全域で見られる「ヨーロピアンプレーン」という木の中で、柾目面に斑点のような放射組織によってできた「斑紋杢」言われる杢目が出ているものが「レースウッド」と呼ばれる。

「ヨーロピアンプレーン」は「ロンドンプレーン」や「イングリッシュプレーン」とも呼ばれ、学名の「プラタナス」と呼ばれることも多い。スズカケノキ科の広葉樹である。

レースウッドを使ったギター

SHECTER NV-DX-24-MH-VTR/LW/E

世界でわずか12本が限定生産されたシェクターのレースウッド使用モデル。トップ材にメイプルとラミネートされたレースウッドを用い、バック材にはマホガニー、エボニー指板に全面ゴールドパーツと豪華なルックスに仕上げられている。

NV-DX-24-MH-VTR:LW:E-2

Ibanez BTB1905LW-FNL

IbanezのベースBTBシリーズの限定モデル。トップ材とバック材の両方にレースウッドが使われている。5弦と6弦の2タイプが発売されている。


FENDER / FA-345CE Auditorium

Fenderのエレアコ『FA-345CE』では、サイド/バック材にラミネートされたレースウッドが使われている。

FA-345CE Auditorium Natural

FA-345CE Auditorium 3-Tone Tea Burst

その他

ABOUT ME
執筆者:タケ
ギターコンシェルジュ運営者。愛機:Stilblu #100、Black Cloud Aging Label #022、Gibson Les Paul Custom日々、ギターのお勉強中。