ギター用語

マッチングヘッドとは ‐ ギターのヘッドトップをボディと同じ色に塗装したヘッド

Made in Japan Traditional 60s Jaguar
マッチングヘッドのMade in Japan Traditional 60s Jaguar

マッチングヘッドとは

マッチングヘッドとは、ギターのヘッドトップ(ヘッドの表側)をボディと同じ色に塗装したヘッドを指す。「Matching(マッチング)」は「ぴったり合った」という意味。

マッチングヘッドは、ローズウッド指板やエボニー指板など、色の濃い指板を使用したギターに多くみられる。ただ、メイプル指板のマッチングヘッドも多数あるし、ローズウッド指板でもマッチングヘッドでないモデルも多数あるため、ギターのデザインによる。

フェンダーのマッチングヘッド

フェンダージャパンの60年代スタイルのジャガー。ボディカラーのレイクプラシッドブルーに合わせて、ヘッドトップを同色の塗装を施している。

Made in Japan Traditional 60s JaguarマッチングヘッドのJaguar

こちらはキャンディアップルレッドのボディカラーに合わせたマッチングヘッド。

Fender Aerodyne II StratocasterマッチングヘッドのFender Aerodyne II Stratocaster

ギブソンのマッチングヘッド

ギブソン系のギターはマッチングヘッドが少なく、ほとんど見かけない。それには理由がある。

たとえば、レス・ポールの多くのモデルではヘッドトップが黒に統一されており、わざわざボディカラーに合わせることはあまりしない。カラーが黒のレス・ポールの場合、一見するとマッチングヘッドに見えるが、ボディカラーに合わせたわけではないためマッチングヘッドではない

レス・ポールは、ボディカラーとネック・ヘッド裏まで同じカラーのモデルが多くみられる。以下のモデルはボディとヘッドの色がマッチしているが、これもマッチングヘッドとは呼ばない

レス・ポールのマッチングヘッドはほとんどないが、ファイヤーバードはいくつかある。

2018年モデルのマッチングヘッド仕様のファイヤーバード。

こちらはファイヤーバードのカラーバリエーションを採用した、マッチングヘッドのレス・ポール・スペシャル。

他のカラーは以下のページで見られる。
Les Paul Special – Gibson

PRSのマッチングヘッド

PRS(Paul Reed Smith)はSEシリーズでマッチングヘッドが多く見られる。

上位シリーズ「S2 Custom24」のマッチングヘッドタイプ

PRS S2 Custom24 Scarlet RedマッチングヘッドのPRS S2 Custom24 Scarlet Red
ABOUT ME
執筆者:ケンタトニック
ギター辞典コード辞典ボイトレ・音楽用語辞典の運営者。

ギター歴25年。
1995〜2000年まで:某大手ギター教室に通う。
1997〜2002年まで:某大手ドラム教室に通う。
2021年〜現在:ボイトレ教室・話し方教室に通い中。

愛機:Stilblu #036 / #039 /#099、g'7 special(g7-TLT Type 2S)、Nashguitars S-57、Tom Anderson(Drop Top Classic -Deep Tobacco Fade)、TMG Gatton Thinline、Fender Custom Shop 1956
所有ギター一覧

好きなバンド:U2、Sigur Ros、THE 1975、Mr.Children、the band apart、くるり、SIAM SHADE、VAN HALEN