ギター用語

ココボロ − ハカランダの代替材とも言われる木材

ココボロとは

ココボロは、中米を原産とする木材。ブラジリアンローズウッド(ハカランダ)の代替材として指板材や、アコースティックギターのサイド/バック材に用いられている。「ココボロ・ローズウッド」「サザンアメリカン・ローズウッド」と呼ばれることも。

ココボロの特徴

  • ハカランダの代替材
  • 赤みのある褐色に、黒い縞模様

ハカランダの代替材

ココボロは入手困難なハカランダの代替材とも言われている木材。ハカランダと同じくマメ科のツルサイカチ属の木であることから、サウンドの特性も近く、代わりの指板材として用いられることが多い。

ただし、ハカランダほどではないものの、ココボロも絶滅の恐れがあるとしてワシントン条約附属書Ⅱに掲載されており、使われるのはある程度高級なギターということになる。

赤みの強い褐色に、黒い縞模様

ハカランダと比較すると黄色や赤みが強い木材であり、そこに黒い縞模様の杢目が出る。濃淡がハッキリしていることが多く、そういった部分でハカランダと見分けることができる。

左の赤みが強いのがココボロ

ココボロを使ったギター

ココボロ指板

Taylor / 814ce Limited Editinon

Taylorのフラッグシップモデルである800シリーズの一つ814ce、そのサイドとバックにココボロを使った限定モデル。

Limited Edition 814ce Cocobolo
ココボロ

Fender/American Acoustasonic Cocobolo

Fenderが2019年に発売した新機軸のギター「American Acoustasonic」。その特別仕様として2020年に登場したのがココボロをトップ材として用いたモデル。

Fender公式によるメイキング動画

ココボロのブリッジピン

ココボロはアコースティックギターのブリッジピンに使われることも。サウンドの変化はもちろん、赤く明るいその色も目を引く存在に。

ココボロブリッジピン
ABOUT ME
執筆者:タケ
ギターコンシェルジュ運営者。日々、ギターのお勉強中。