ギター用語

ネックベンド ‐ ネックに力を加え、音程を変化させる奏法

ネックベンド

ネックベンドとは

ネックベンド(neck bend)は、ギターやベースの奏法の一つ。ネックに力を加えて曲げることで、音程を変化させ、アーミングに似たベンディングやビブラートの効果を得ることができる。「ネックベンディング」とも呼ばれる。

ネックベンドのやり方

基本的なネックベンドのやり方は、音を出した後に右手でボディを押さえつつ、左手でネックやを裏から前に押し出すように力を加える。弦のテンションが低くなることによって、音程が下がる。逆方向に力を加えれば、音程が高くなる。

右手はストラップピンの辺り、右手はヘッドをおさえると力がかかりやすい。(力の入れ過ぎには注意)。左手で押弦したまま行う場合は、右手でヘッドを押す。

連続的に行うことで、ビブラートをかけることもできる。

ネックベンドを使った演奏

マイケル・シェンカー

マイケル・シェンカーによる奏法解説動画。マイケルはネックベンドを多用することから、何度もネックを折っているという。

ジェイク・E・リー

ジェイク・E・リーは、ヘッドを床に押し付ける激しいネックベンドが印象的。

CHARVELのジェイク・E・リー・シグネイチャーモデル。若き日のジェイクはトレモロ付きのギターが欲しかったが、お金が足りずにトレモロの無いハードテイルのギターを購入したのだという。

ビリー・シーン

ビリー・シーンによる、ベースのネックベンド解説。

ネックベンドの注意点

ネックベンドは、ネックに無理な力を加えて強引に音程を変化させるテクニック。そのため、ネックには非常に負担が大きくかかることとなり、故障の原因にもつながる。

アーミングと似たような効果を得ることができるものの、アーミングほどの大きな音程の変化はできず、無理に大きな変化を得ようと力を加えると、最悪ネックが折れてしまうケースもあるため注意が必要。ボルトオンネックの場合、ジョイント部分にも負荷がかかる。

アームが付いているギターの場合、ネックベンドをするメリットは見た目のパフォーマンス以外には無いと言えるだろう。

ABOUT ME
執筆者:タケ
ギターコンシェルジュ運営者。日々、ギターのお勉強中。