ギター用語

リフィニッシュ ‐ ボディの塗装をやり直す、再塗装

リフィニッシュとは

リフィニッシュ(refinish)は、主にギターやベースのボディ全体を塗り直す再塗装のこと。経年変化で変色してしまったギターを元の色に戻したり、全く別の見た目に変えたりなど、目的はそれぞれ。

再塗装とは言っても、傷が付いたり塗装が剥がれた部分を補修するタッチアップのようなものとは違い、基本的にはギター全体の塗装をやり直す場合を「リフィニッシュ」と呼ぶ。

リフィニッシュの料金

現在の塗装を全て剥がし、パーツの取り外し、下地づくり、目止め、塗装、再組み込み、といった工程があり手間がかかることから、部分塗装と比べリフィニッシュは料金が高くなる。ポリ塗装やラッカー塗装といった塗料の種類や、どんな塗装をするかにもよるが、ボルトオンタイプよりもセットネックスルーネックの方が料金設定が高めとなっている。

実際の料金はお店によって様々だが、ボディ全体となると安くても5万円前後〜あたりが相場のようだ。

リフィニッシュの工程・手順

リフィニッシュをお店に頼らず、自力で行う人も少なくない。非常に手間はかかるものの、道具さえあれば出費は抑えられる。

  • STEP1
    塗装を剥がす
    まずは元の塗装を全て剥がす必要がある。ヘラなどを使って剥がしていくが、アイロンを使って温めると剥がしやすくなったりする。
  • STEP2
    下地づくり
    塗装を剥がした状態のままでは表面に凹凸ができてしまっているので、サンドペーパー等を使って、平らに磨いて整えていく。
  • STEP3
    目止め
    ウッドシーラー(プライマー)で目止めを行う。
  • STEP4
    塗装
    新たな塗装を行う。綺麗な塗装を望むならスプレーガン等が欲しいところだが、シンプルな塗装なら市販の缶スプレーでもできないことはない。
  • STEP5
    トップコート
    塗装が乾いたらトップコート(クリア)吹付ける。
  • STEP5
    仕上げ
    細かいヤスリやコンパウンドで表面を磨き仕上げていく。艶を出したいかマットに仕上げたいかなど、好みによる。

Fenderストラトキャスターのリフィニッシュの様子

リフィニッシュ例

ABOUT ME
執筆者:タケ
ギターコンシェルジュ運営者。日々、ギターのお勉強中。