ギター用語

ブラジリアンローズウッド(ハカランダ) − 最高級のギター用木材

ブラジリアンローズウッド(ハカランダ)とは

ブラジリアンローズウッド(通称:ハカランダ)は、エレキギターの指板材やアコースティックギターのサイド・バック材として用いられる木材。数あるギター用木材の中でも「王様」と称される存在だが、一方で非常に希少で高価な木材としても知られている。

ブラジリアンローズウッドの歴史

ブラジリアンローズウッドはその名の通りブラジルを原産とする木材。18世紀頃からアメリカや、ブラジルを植民地としていたポルトガルを含むヨーロッパに輸出され家具や楽器に使われていたという。

しかし、1960年代にブラジル政府が資源の保護のため丸太の状態での輸出を規制したことから入手が非常に難しくなる。それまでFenderやGibsonでもギター用の木材として用いられていたが、1966年頃にはほとんど使われなくなってしまう。自社に丸太の状態で多くのストックがあったMartinでは、1969年まで使われていたがその後はほとんど使われなくなっていく。

1980年代、ブラジルの経済成長に伴い原生林は宅地へと変わっていき、木材産業の衰退もあり、ブラジリアンローズウッドは絶滅危惧種となる。その後絶滅危惧種は解除されたものの、1992年のワシントン条約で附属書Iに掲載され、国際間取引は禁止に。日本国内では、限られた在庫でしか入手できないという状態になっている。

ワシントン条約
ワシントン条約 − 絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約ワシントン条約とは ワシントン条約は、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」のことで、ギター用の木材においても、こ...

「ハカランダ」という呼び名について

ブラジリアンローズウッドは、ギター業界では「ハカランダ」という別名で呼ばれている。これはブラジルでの呼び方である「jacarandá(ジャカランダ)」をスペイン語風に読んだもの。

厳密に言うとブラジルでのブラジリアンローズウッドの呼び方は「jacarandá-da-bahía(ジャカランダ・ダ・バイーア)」というもので、他にも「ジャカランダ」と呼ばれる樹木はいくつか存在する。例えばホンジュラスローズウッドは「Jacaranda De Noglie(ジャカランダ・デ・ノガリエ)」、ココボロは「Jacarandaholz(ジャカランダオル)」など、他の樹木もブラジルの人に言わせれば「ハカランダ」の一種ということになるのだろう。ただ、日本のギター業界では「ハカランダ」と言えば「ブラジリアンローズウッド」を指すのが一般的となっている。

また、「Jacaranda(ジャカランダ)」と言うと、日本では街路樹に見られ「紫のさくら」として知られる同じ名前の樹木があるが、全く別の植物なので注意が必要。

ブラジリアンローズウッドの木はこちら。ブラジリアンローズウッドは、「マメ目マメ科」。

下の画像は、「シソ目ノウゼンカズラ科」のジャカランダ。日本でも見ることができる。
ジャカランダs

日本のギター業界では、枯渇したブラジリアンローズウッドに代わる木材を「ニューハカランダ」と呼ぶこともある。これについては別記事で解説している。

ニューハカランダとは
ニューハカランダ − ホンジュラスローズウッドの別名ニューハカランダとは ニューハカランダは、ホンジュラスローズウッドの別名。あるいは、マダガスカルローズウッドやココボロといったハカラン...

ブラジリアンローズウッドの特徴

  • ギター材として最高の音響特性
  • エキゾチックな黒い縞模様
  • 甘い香りを放つ

ギター材として最高の音響特性

資源が枯渇した後、様々な木材が代用材として用いられている中で、それでもブラジリアンローズウッドがずっと高価なのは、希少であるのはもちろん、音響特性の面でギター材として最高級とされているからに他ならない。

ブラジリアンローズウッドは、非常に硬く密度が高い。抜けの良い高音、力強く張りのある低音。立ち上がりが良く、倍音成分も豊か。などと、ギター材に対する褒め言葉とされるようなフレーズがそのまま当てはまるような木材と言われている。

エキゾチックな黒い縞模様

ブラジリアンローズウッドは、褐色から赤褐色に濃く黒い縞模様が入る。この縞模様がエキゾチックな木目を形成し、サウンドのみならずルックス面でも他の木材を凌駕する存在となっている。特に蜘蛛の巣のような木目は「スパイダーウェブ」とも呼ばれる。

甘い香りを放つ

ギターの機能や性能とは直接関係はないが、木材から甘い香りが放たれるというのも、ブラジリアンローズウッドの特徴の一つ。もともと「ローズウッド」という種類は、その名の通り「バラの香り」を放つことから名付けられたもので、加工することで香り成分を放つようになる。中でもブラジリアンローズウッドは強い香りを持っており、バラの香りやバニラの香り、鉛筆の芯のような香り等と例える人もいる。

ブラジリアンローズウッドを使ったギター

指板材として

サイド/バック材として

ネック材として

ABOUT ME
執筆者:タケ
ギターコンシェルジュ運営者。愛機:Stilblu #100、Black Cloud Aging Label #022、Gibson Les Paul Custom日々、ギターのお勉強中。