海外ギター

Rasmus by Suhr

RASMUS

Rasmus by Suhrとは

Rasmus(ラスマス)は、アメリカのメーカー『Suhr Guitars』がかつて展開していた廉価版ブランド。ハイエンドギターとして世界中で評価の高いSuhrが、そのサウンドをリーズナブルな価格でユーザーに届けるべく立ち上げられたのがこの『Rasmus』であった。

2010年のNAMMショーで発表された『Rasmus』だったが、日本に輸入されることは少なく、不振だったのかどうか定かではないが、2013年には公式サイトも無くなり、ブランド自体が消滅したようだ。

Rasmusの特徴

製造は中国の工場で行われ、組み込みや最終的な調整は本国で行うことで価格を抑えて販売された。製造こそ中国でコストを削減しているが、ピックアップはSuhr製のもの、各種ハードウェアにはGOTOH製のものが採用されている。

高価格なSuhrに対して、Rasmusは当時定価1,332ドル(日本円にして10万円程度)で発売され、店頭では10万円を切る価格で販売されていた。輸入された日本の店頭では、もう少し高めで販売されていたようだ。

Rasmusが発売していたモデル

Standardシリーズ

Suhrの『Standard』と同じシェイプの『Standard S100』と『Standard S200』。S100はSSH、S200はHHというピックアップ構成。

Modernシリーズ

Suhrの『Modern』と同じシェイプの『Modern M100』と『Modern M200』。M100がHSH、M200がHHというピックアップ構成

ガスリー・ゴーヴァン・シグネイチャーモデル

ギタリスト「ガスリー・ゴーヴァン(Guthrie Govan)」のシグネイチャーモデル。

本家Suhr製のモデルがセットネックであるのに対してこちらはボルトオンとなっているが、ネックとボディはマホガニー、ピックアップもSuhr製など、本家を踏襲したものとなっている。

こちらが本家Suhrのシグネイチャーモデル。

ABOUT ME
タケ
ギターコンシェルジュ運営者。 日々、ギターお勉強中。永遠の初心者。