海外ギター

TRAVELER GUITAR(トラベラーギター)

TRAVELER GUITAR(トラベラーギター)とは

「TRAVELER GUITAR」は、その名の通り旅行にも持っていける携帯性の高いギターを製造・販売しているメーカー。1992年、アメリカのカリフォルニア州で創業者のレオン・コックスが、古いアコースティックギターのパーツ、家の改築で残った導管、廃棄されたバートップから回収した木材を用いてガレージワークショップでギターを作りはじめたことから始まった。

一般的なトラベルギターやミニギターがショートスケールのものが多いのに対し、TRAVELLER GUITARでは、フルスケールのトラベルギターを作り続けており、通常のギターと持ち替えても違和感なく演奏できる。

TRAVELLER GUITARのラインナップ

Ultra-Light Series

TRAVELER GUITARを象徴するのが『Ultra-Light』シリーズ。メイプルのネック一体型ボディに、ボディ内に設置されたペグ、座っての演奏を可能にする着脱式のラップレストが印象的。

Ultra-light Electric

マグネティックピックアップを搭載したトラベル用エレキギター。22フレット、24 3/4インチのミディアムスケールを採用しながらも、全長711mmで重量は約1.4kg以下というコンパクトさを実現している。

ピックアップはシングルサイズのデュアル・レール・ハムバッカーを搭載。背面に配置されたアウトプットジャックからアンプへの出力が可能となっている。

カラーはブラック、イエロー、ピンク、グリーン、レッド、ナチュラルの6種類。

専用のギグバッグ付き

左利き用のLeftyモデルも発売されており、カラーはブラックのみ。

公式の紹介動画

Ultra-Light Acoustic

ピエゾピックアップが内蔵された、エレクトリック・アコースティックの『Ultra-Light Acoustic』。Electricとは違い、アウトプット・ジャックは背面ではなくエンドピンに配置されている。

カラーはナチュラル、ヴィンテージ・レッド、アンティーク・ブラウンの3色。

パーフェロー指板を採用したモデル『Ultra-Light Acoustic / Pau Ferro』。

Ultra-Light Nylon

ナイロン弦を使用して、エレクトリック・ガットギターのサウンドを楽しめる『Ultra Light Nylon』。

Ultra-Light Bass

Ultra Lightのベース版『Ultra-Light Bass』。ギターと同じくメイプルのネック一体型ボディ。全長は857mm、重量は約1.5kgで非常にコンパクト。ピエゾピックアップが搭載されている。

ナチュラルとブラックの2色が発売されており、ナチュラルはウォルナット指板、ブラックはメイプル指板となっている。

Speedstar

独特な形状が印象的な『Speedster』。ピックアップには高出力のデュアル・レイル・ハムバッカーが搭載されており、よりロックなサウンドとなっている。24 3/4インチのミディアムスケール。肘当て部分は取り外しが可能。

Pro-Series

Trabeler Guitarの誕生20周年を記念し2012年に誕生したエレクトリック・アコースティックギター『Pro-Series』。マグネティックピックアップとピエゾピックアップの2種類を搭載したハイブリッド仕様。ピックアップのセレクターとそれぞれのボリュームノブが付いており、サウンドの幅が広いのが特徴。

ラップレストは木製になり、取り外しも可能。

聴診器型のヘッドフォンが付属しており、アンプも電源もない状態でもアコースティックサウンドを楽しむことができる。

Pro-Series Mod-X

Pro-SeriesとSpeedstarをミックスしたような『Mod-X』。デュアルレイル・ハムバッカーはトグルスイッチによってスプリットが可能。さらに多彩なサウンドメイクを楽しめる。

Travelcaster Deluxe

ストラトタイプのピックガード部分の形状をそのままボディの形にした『Travelcaster Deluxe』。伝統的なストラトキャスターと同じく25.5インチのレギュラースケールに3つシングルコイル・ピックアップを搭載。ヘッドストックはコンパクト性を重視した3:3配列のコンパクトな形状になっている。重量は約2.4kg。

カラーはキャンディーアップルレッド、グロスブラック、サーフグリーンの3色。いずれもボディにはポプラ材、ネックはメイプルで、レッドとグリーンはメイプル指板、ブラックはカタルパ指板となっている。

アウトプットジャックは背面に。

カタルパ指板のグロスブラック

Vaibrant

コンパクトなサイズながらも、サイズや機能を重視し、ステージでも使用できるエレキギターというコンセプトで開発されたのが『Vaibrant(ヴァイブラント)』。全長は845mm、重量は約2.5kgというコンパクトな設計ながら、25.5インチのレギュラースケールとなっている。

Vaibrant Standard V88S

Standardモデルは、アルダーボディにメイプルネック、メイプル指板。HSH配列のピックアップを5ウェイで切り替え可能。ダブルロッキング・トレモロを搭載している。

カラーはエレクトリック・イエロー、ホット・ピンク、スライム・グリーン。いずれも鮮やかなカラーにブラックのパーツを合わせ、刺激的なルックスとなっている。

Vaibrant Deluxe V88X

Deluxeは、ピックアップやポジションマーク、各種パーツの配色がさらに刺激的な上位モデル。フロイドローズトレモロを搭載。

指板はコズミック・ブラックはにはエボニー、ホット・ピンクにはメイプルが採用されている。

EG-1

シングルカッタウェイのモデル『EG-1』。ボディとネックにマホガニー、指板にはウォルナット。21フレット、24 3/4のミディアムスケールを採用し、全長は724mmで重量は1.8kg。

ピックアップにはセイモア・ダンカンデザインのハムバッカーを搭載し、トーン・ノブのプッシュ/プルによってクリーン/ブースト/オーバードライブ/ディストーションを切り替えることができる。

通常のアウトプットだけでなくヘッドフォン端子を装備、さらにAux-in端子から外部の音源を入力して演奏することも可能となっている。

ABOUT ME
タケ
ギターコンシェルジュ運営者。日々、ギターのお勉強中。