海外ギター

J.W.Black Guitars(J.W.ブラック・ギターズ)

J.W.Black Guitarsとは

J.W.Black Guitarsは、元フェンダーカスタムショップ・マスタービルダーのJ.W.Black氏によるギターブランド。2002年にフェンダーを離れたのち、日本のクロサワ楽器の依頼を受けて2011年に立ち上げた。

J.W.Black Guitarsは、本人が製作するUSA製と、日本のメーカーが作る日本製の2種類がある。USA製は、木材の選定から製作まで、J.W.Black氏がほぼ一人で行っているそうだ。

日本製のJ.W.Black Guitarsは、本人が用意した仕様に基づいて製作されている。日本製ラインナップである「Japan Made Series」は、Sugi Guitarsをはじめ、J.W.Black氏と旧知の仲の工房で生産される。

ギターモデルは、テレキャスター、ストラトキャスター、ジャズベースの3種類。J.W.Black氏が製作するJWB-S、JWB-T、JWB-JBと、日本製のJWB-JP-S、JWB-JP-T、JWB-JP-S-JB BASSが存在する。モデル名に「JP」が入っているのが日本製。ジャズベースの5弦ベースは日本製のみの製造(USA製のラインナップにはない)。

J.W.Black氏は、自身がストックする木材がなくなった時点でギター製作を終了することを公表していた。2021年に木材のストックがなくなっため、公式サイトで生産終了が発表された

こちらは日本製のJ.W.Black Guitars。モデル名はJWB-JP-T。J.W.Black氏が信頼を寄せるCallahan(カラハン)ピックアップを搭載。

J.W.Black Guitars(J.W.ブラック・ギターズ) J.W.Black Guitars(J.W.ブラック・ギターズ)

J.W.Black氏の経歴

  • 1976年
    18〜19歳の頃、元マーティンのマスタービルダー、ディック・ボーク氏のホームショップでギター作り学び始める。ディック氏からはアコースティックギター製作とエレキギター製作を教わる。

    当時、同じ地区に住んでいたロジャー・サドウスキー(Sadowsky Guitarsの創設者)から一緒に仕事をしいないかと誘いを受け、彼からもギター製作を教わる。
    サドウスキーとの出会いにより、エレキギター製作の道を進むことを決意。

  • 1980年
    アメリカ合衆国ミズーリ州のカンザスシティに引っ越す。ヴィンテージディーラーのジム・コルクラジャ氏と共に、ヴィンテージギター/リペアショップをオープン。ヴィンテージギターの販売やレストア、リペア、ギター製作を行う。
  • 1985〜1989年
    ニューヨークのマンハッタンでSadowsky Guitarsを立ち上げたロジャー・サドウスキーから、Princeのギターを手伝ってほしいと頼まれ、彼の元で働き始める。サドウスキーにとって、J.W.Blackは最初に雇った正社員であった(Sadowskyの公式サイトに書かれている)

    Sadowsky Guitarsでは、マーカス・ミラーやジム・ホールなど世界的なミュージシャン、当時のトップクラスのスタジオ・ミュージシャンと仕事をし、経験を積んでいった。

  • 1989〜2002年
    フェンダー・カスタムショップの設立メンバーであるジョン・ペイジ氏から誘いを受け、フェンダー社のマスタービルダーとして雇用される

    レリック加工(エイジド加工)を発案したのはJ.W.Black氏だと言われており、フェンダー退社後もさまざまなギターのレリック塗装に携わっている(後述)。

    フェンダー社では、カスタムショップの仕事で最初に携わったルー・リードのプロジェクトに始まり、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、リッチー・サンボラなど、世界的なギタリストに携っていた。レリック塗装やセットアップで卓越した腕を持ち、人気のマスタービルダーとなる。

    その他、アーティストリレーション(ミュージシャンの楽器の修理・調整などのサポート)やR&Dという開発部門などでも仕事をしている。メキシコ製モデルや当時のフェンダー・ジャパンのデザイン・開発にも携わる。

    日本製のHeartfield(ハートフィールド)というブランドにも携わっていた(USAフェンダーがデザインしたモデルを日本のフジゲンが製作)。

    2002年にフェンダーを退社

  • 2002年〜
    フェンダー社を離れてからは、以前に行っていたヴィンテージギターのレストアやリペアの仕事に戻る。そこでは卓越したレリック加工(エイジド加工)も手掛けていた。
  • 2011年〜
    自身のブランド、J.W.Black Guitarsを立ち上げる。本人によって製作されるUSA製モデルと、Sugi Guitarsが製作する日本製モデルの2つのラインナップで販売開始。USA製は木材の選定から製作までJ.W.Black本人がほぼ一人で行うため生産本数が少ない。
  • 2021年
    自身のWebサイトに、2021年2月10日付けで2021年分のJ.W.Black Guitarsはすべて予約販売が完了している旨を掲載。2021年分のギターでJ.W.Black Guitarsは生産終了となった。

J.W.Black氏のインタビュー映像

J.W.Black氏が携わったギター

J.W.Black氏はレリック加工(エイジド加工)でさまざまなギターに携わっている。一部であるが、J.W.Black氏が携わったギター/ギターブランドを紹介。

Linhof Guitar(リンホフ・ギター)

ヴィンテージギターのディーラー/コレクターとしても知られるKurn Linhof(カーン・リンホフ)氏とJ.W.Black氏が共同で立ち上げたギター・ブランド。J.W.Black氏は設計と塗装(エイジド加工)を手掛けていた。リンホフ氏は2014年に亡くなっており、また、生産本数が少ないたため、現在は入手が難しいギターである。

リンホフ氏の訃報に際し、Joe Bonamassa(ジョー・ボナマッサ)氏が追悼の意を表している。

Suhr – Antique Series

SuhrのAntique Seriesは、J.W.Black Guitarsとコラボレートによって生まれたスペシャルモデル。ジョン・サー氏とJ.W.Black氏は、カスタムショップの元同僚で旧知の仲。

モデル名の通り、ボディ、ブリッジ、ピックガード、ネジ類などにエイジング加工(アンティーク加工)が施されている。エイジング加工にJ.W.Blackが携わっている。

Suhr – Custom Series

Sugi – DS499M

Sugi Guitarsのギターモデル「DS499」にJ.W.Black氏がレリック加工を施した「DS499M」

ABOUT ME
執筆者:モジャー・メイヤー
ギターコンシェルジュ運営者。ギター歴25年。 愛機:Stilblu #036 / #039 /#099、Fender Custom Shop 1956、g'7 special | 好きなバンド:U2、Sigur Ros、THE 1975、Mr.Children、the band apart、くるり、SIAM SHADE、VAN HALEN