ギター用語

Buzz Stop Bar(バズストップバー) ‐ ジャズマスターやジャガーの弦落ち対策パーツ

Buzz Stop Bar(バズストップバー)とは

Buzz Stop Barは、Montreuxから発売されているジャズマスタータイプやジャガータイプのブリッジへのテンション不足を解消するためのパーツ。弦落ちや共振といった欠点を改善してくれる。

Buzz Stop Barは、ブリッジとトレモロの間に取り付け、張られた弦に角度を付けることによってテンションを強くする。テンションの低さが原因で起こる弦落ちやブリッジの共振を防ぐための定番改造パーツとして用いられている。

Fenderから発売されている、LUNA SEAのINORANシグネイチャーモデルには、最初からBuzz Stop Barが装着されている。

Bacchusから発売されているJMタイプの『BJM-STANDARD』や『BJM-MODERN』なども、Buzz Stop Barを標準装備している。

Buzz Stop Barの取り付け方法

取り付けには特別な工具も部品も、そして本体への木工加工なども必要無く、誰でも簡単に行える。

弦を外し、トレモロユニットのロックボタン両脇にあるネジ2本を取り外し、そこにBuzz Stop Barをセットしてネジを戻す。バーの下をくぐらせるようにして弦を張れば完成。

弦落ちとは ‐ ジャズマスターやジャガーの弦落ちの原因と対策弦落ちとは 弦落ちは、通常あるべき位置から弦がズレてしまい演奏に支障をきたす状態のこと。ブリッジサドルから弦がズレる場合の弦落ちと、フ...
ABOUT ME
執筆者:タケ
ギターコンシェルジュ運営者。日々、ギターのお勉強中。