ギター用語

スプルース − アコースティックギターの定番トップ材

スプルース

スプルースとは

スプルースは、アコースティックギターやクラシックギターのトップ材として用いられる木材。トップ材の中でも非常にポピュラーな材として知られている。マツ科トウヒ属の常緑針葉樹で、多くは北米やヨーロッパなど北半球に分布。

軽量で丈夫なことから建築材や家具材として用いられ、グレードの高いものが楽器用として使用されている。

スプルースの種類

スプルースには様々な種類があり、主にその産地によって「〇〇・スプルース」と名前が付けられている。

スペック表などで単に「スプルース」とだけ書かれている場合、最も標準的なシトカ・スプルースか、あるいは複数のスプルースを組み合わせた合板であるケース、個体によって用いられているスプルースが異なるケースなどがある。

シトカ・スプルース

スプルースと言えば、その多くは「シトカ・スプルース(Sitka Spruce)」というくらい最もポピュラーな木材。「シトカ」はアラスカのシトカという地名から来ており、アラスカやカナダ、アメリカ北部の西海岸が主な産地となっている。

バランスが良くクセのないサウンドで、ジャンルやスタイルを問わない。多くのギターに使われていることからも、アコギの標準的な木材と捉えられている。サウンドを比較するなら、シトカ・スプルースを基準と考えてみると良いかも。

Gibson J-45やMartin D-28といった人気のモデルは、いずれもシトカ・スプルースが使われている。

Martin D-28

Martin CTM D-18 Quilted Mahogany
シトカスプルース − スプルースの中でも最も使われる種類シトカスプルースとは シトカスプルースは、主にアコースティックギターのトップ材に用いられる木材。「スプルース」には様々な種類があるが、...

イングルマン・スプルース

シトカ・スプルースに次いでよく使われるのが「イングルマン・スプルース(Engleman Spruce)」。「エンゲルマン・スプルース」や「ホワイト・スプルース」とも呼ばれる。カナダの南部からロッキー山脈にかけての北西アメリカに分布。

シトカ・スプルースと比べるとやや軟質で比重が小さい木材。優しく透明感があり、繊細なサウンドはフィンガー・ピッキングスタイルに適していると言われている。

YAMAHA LL36 ARE

yamaha_ll36

アディロンダック・スプルース

アメリカ東部が主な産地で、「レッド・ルプルース」とも呼ばれるのが「アディロンダック・スプルース(Adirondack Spruce)」。戦前によく使用されてもので、現在ではヴィンテージとなっているMartinやGibsonのアコースティックギターに使われていた木材。現在では非常に希少となっているため、高級なモデルにしか使用されていない。

シトカ・スプルースと比べると、パワフルでクリアなサウンドが特徴的。

Martin D-28 Authentic 1937

martin_d28authentic1937>

ルッツ・スプルース

シトカ・スプルースとイングルマン・スプルースの自然交配種で、カナダの一部でのみ採れる「ルッツ・スプルース(Lutz Spruce)」。シトカ・スプルースの強度と弾力性、イングルマン・スプルースのきめ細かく美しい色調を併せ持つ木材。

パワフルでボリュームのあるサウンドは、数々の有名ルシアーに「最高の音色」と称賛されるほど。

Taylor 712ce

taylor_712ce

ジャーマン・スプルース

ジャーマン、つまりドイツを中心にヨーロッパに多く分布する「ジャーマン・スプルース(German Spruce)」。「ヨーロピアン・スプルース」とも呼ばれる。古くからバイオリンやピアノの材としても使われてきた木材だが、近年は酸性雨の影響等で良質な材が採れず、非常に希少となっている。

スプルースの中では最も硬質な木材とされており、クリアで抜けが良く、輪郭のハッキリとしたサウンドが特徴的。ナイロン弦のクラシックギターに合うサウンドとも言われる。

イタリアン・アルパイン・スプルース

イタリアを中心にヨーロッパで広く分布する「イタリアン・アルパイン・スプルース(Italian Alpine Spruce)」。Martinのカスタムモデルでよく用いられている木材。

レスポンスの良さが特徴。

ABOUT ME
執筆者:タケ
ギターコンシェルジュ運営者。日々、ギターのお勉強中。