ギター用語

グラナディロ − ハカランダに近い特性を持つ木材

グラナディロ(Granadillo)とは

グラナディロは、エレキギター/ベースの指板材や、アコースティックギターのサイド/バック材として用いられる木材。ローズウッドに近く、その代替材として使われることも多い。学名は「Platymiscium pinnatum」で、「グラナディーロ」や「トレボル」と呼ばれることも。

非常に似た名前の「グラナディラ」という木があるが、こちらは「グレナディラ」「アフリカン・ブラックウッド」とも呼ばれる木で、同じマメ科ではあるものの産地も違う別物なので間違えないように注意が必要。

グラナディロの特徴

  • ローズウッドの仲間
  • ハカランダに近い音響特性

ローズウッドの仲間

グラナディロはローズウッドの仲間として知られており、その代替材として使われる。メキシコ産マメ科の木材であり、「メキシカン・ローズウッド」や「南米紫檀」と呼ばれることもあるが、ローズウッド(マメ科ツルサイカチ属)ではない。

ハカランダに近い音響特性

グラナディロのサウンドは硬めで、ハカランダ(ブラジリアンローズウッド)やココボロに近い音響特性を持つと言われている。ハカランダやココボロはワシントン条約で輸出入が規制されており希少で高額だが、グラナディロは現在のところ規制の対象外となっているので、これらの代替材として重宝されている。

グラナディロを使ったギター

Gibson J-45 Granadillo

Gibsonの『J-45 Granadillo Tonewood Edition』。サイド/バック材にグラナディロを採用し、数量限定で発売されたモデル。


Martin 000-16E

Martinのエレアコ『000-16E』こちらもサイド/バック材としてグラナディロが使われている。
MARTIN ( マーチン ) / 000-16E
MARTIN ( マーチン ) / 000-16E

FUJIGEN J-Standardシリーズ

フジゲンのJ-Standardシリーズの中に、グラナディロ指板を採用した製品がいくつかある。こちらはアッシュボディにグラナディロ指板の『JIL2-ASH-DE664-G』というモデル。

こちらはベース『JMJ-ASH-DE-G』。これら以外にもフジゲンでは割と積極的にグラナディロを採用している様子。

ABOUT ME
執筆者:タケ
ギターコンシェルジュ運営者。日々、ギターのお勉強中。